プロジェクト概要

 

**********************************

皆様のおかげで目標金額の35万円を達成しました!

今回の目標金額35万円はパレード開催のために必要となるギリギリの金額を予定していました。さらにより良い運営のためにネクスト・ゴールを設定します!

 

みなさまからのあたたかいご支援を賜り、目標金額を達成する事が出来ました。直接お知り合いの方々はもちろん、今回のプロジェクトの趣旨に賛同してくださった方々のご協力のおかげです。 本当にありがとうございます!

 

そして 今回新しいチャレンジに挑戦したいと思います。

札幌テレビ塔のライトアップやパレードの音響設備を整えるため、プラス7万円の42万円を改めて目標金額として設定します。

 

当日パレードで路上を歩くことができない方もテレビ塔のライトアップを見て

心が癒されたり、虹色のライトアップを見てセクシャルマイノリティについて知っていただくきっかけとなると考えています。

 

また、音響設備を整えることで私たちのパレードの趣旨をたくさんの方に伝えたいと思っています。

 

プロジェクト終了まであともう少し、引き続きご支援のほどよろしくお願い致します!

 

よろしければこのままプロジェクト本文もご覧ください。

 

 

さっぽろレインボーマーチプラス実行委員会

森口 朋(ぐっち)

**********************************

 

 札幌でセクシャルマイノリティ認知のため、パレードを開催いたします!

 

はじめまして!森口 朋です。私は北海道に来て4年目になる大学生です。

北海道にやってきてからは主に「セクシャルマイノリティの当事者が自分を隠さずにいられる居場所づくり」に焦点を当てた活動をしてきました。

しかし様々な活動を続ける中で、だんだんと「当事者に対して」から「セクシャルマイノリティではない人に対して」も意識が向くようになりました。

というのも、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)をはじめとするセクシャルマイノリティ当事者は身近な存在であることをたくさんのひとに知ってほしい!と思ったからです。

 

私は2017年10月8日『さっぽろレインボーマーチ+』というパレードを企画することにしました。このパレードでは、セクシャルマイノリティ当事者の方はもちろん、そうでない方もたくさん参加していただきたいと思っています。

 

このパレードを通じてすべての人が笑顔で生きていくことができる未来を目指しています。どうか応援のほど、よろしくお願いいたします!

 

誰もがありのままの自分で生きることができる世の中へ。応援よろしくお願いします!

 

 

 孤独に悩んでいた私を救ってくれたのは友人の優しい言葉でした。

 

私はセクシャルマイノリティの当事者です。

身体の性別は女性ですが、自分のことを男性とも女性とも思ったことがありません。

小さい頃女の子扱いをされることが苦手でしたが、自分は人よりボーイッシュなんだなと思って育ちました。自分の性のあり方に関して違和感を持ち始めたのは中学校に入った頃でした。

 

自分のことを女とも男とも思えない。異性も同性も好きになる。自分が何なのかわからず、自分のことをずっと気持ち悪い存在だと思っていました。

 

周りが進路のことを考えたり将来の夢を語ったりする中、私は自分のことに何も自信がもてず自分のことが大嫌いで、「なんでこんな風に生まれてきたんかな」といつも考えていました。

 

人と同じような恋愛はできない。人と同じように生きられない。誰にも相談できず、ただただ孤独にこれからの人生に絶望していました。

 

誰にも相談できず孤独な毎日でした。

 

そんなある日、図書館でセクシャルマイノリティについての本を借りました。初めて自分だけじゃなかったのだと分かり、すごく安心したのを覚えています。

 

自分が何者か分かってからは、自分の悩みを親しい友人に打ち明けるようになりました。周りの反応は意外なものでした。「そんなことで悩んでたん?」「ありのままのあなたが好きやからそのままで大丈夫やで」「そんなことで嫌いにならんよ。」たくさんの人たちに助けられ、自分自身に自信を持てるようになりました。

 

 

 13人に1人がセクシャルマイノリティと言われています。

 

セクシャルマイノリティについてテレビや新聞でとりあげられる機会が増えてきましたが、まだまだ特殊な人たち・遠い世界の人たちだと思われているのも事実です。

しかしセクシャルマイノリティの割合は13人に1人という報告もあります。(LGBT意識調査2015 電通ダイバーシティ・ラボ)

家族や友達、会社の同僚など、セクシャルマイノリティの人は身近にいます。

 

しかし、まだまだセクシャルマイノリティについて知らない人には「特殊な人」「別世界の遠い存在の人」と思われているのも事実です。知らないから先入観で判断し、偏見がうまれます。

 

そこでセクシャルマイノリティについて知らない人に知ってもらうにはどうしたらいいのか考えた結果、パレードの開催を思いつきました。

 

パレードを開催すれば、今まで全く興味を持っていなかった人もセクシャルマイノリティについて知るきっかけになります。 また、普段自分を隠して生きている当事者も自分自身に誇りをもって歩き解放感を得たり、コミュニティと繋がることができます。そしてさらにパレードを一緒に歩けなくても、パレードの存在で勇気づけられる人もいると考えました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
実行委員も顔を出し本名を明らかにして活動することは難しい現状があります。


 

 10月8日さっぽろレインボーマーチ+を開催します!

 

今回、皆様から頂いたご支援は「さっぽろレインボーマーチ+」の運営費となり、
パレードの装飾やパンフレットの印刷、イベント会場の設営などに利用させていただきます。
 

実行委員は11名。全員が以前札幌で開催されていたパレードに参加したり関わったりしことがないメンバーです。

ゼロからのスタートですが、規模は小さくてもまずは歩くことを一番の目標にして活動していきたいと思っています。

パレードを開催するには皆様のご協力が必要です。

どうぞよろしくお願いします!

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 セクシャルマイノリティだけじゃない。どんな人も生きやすい未来を!

 

さっぽろレインボーマーチ+はセクシャルマイノリティの方はもちろん、そうではないかたの参加も呼び掛けています。性別も恋愛対象も、年齢も職業も、国籍も宗教も関係なく、様々な人が集まるパレードにしたいと考えています。

想像してみてください。札幌の街中をたくさんの人が歩きます。あれはなんのパレードだろう。きっとそう思う人も多いはずです。

こうしてパレードの開催が、セクシャルマイノリティについて知らない人にも知ってもらえるきっかけになってほしいと考えています。

そしてセクシャルマイノリティに関わらず、人間の多様性を多くの人に感じてもらえたらな、と思っています。

 

「LGBT」の画像検索結果

 

世の中には、セクシャリティだけでなく、年齢や職業、障害の有無など自分とは異なる方がたくさんいます。見えない部分でも見える部分でも、人それぞれに困っていることがあったり、生きにくさを感じていることがあります。しかしそのことは知ってるけど、結局何をすればいいの?と思う方も多いのが今の現状です。

一方的な理解を求める前に、まずはお互いを知ることが大切だと思います。


私たちはみんな、同じ社会で共に生きています。誰もが自由に笑顔で生きていくことができる未来を一緒に目指していきませんか?どうか皆さま応援のほどよろしくお願いいたします!

 

これは海外のパレードです。札幌でも多くの方に参加していただきたいです。
応援のほどよろしくお願いいたします!

 


最新の新着情報