みなさま、こんばんは。パレスチナ・アマルの北村です。

 

みなさまのおかげで、完成いたしましたSulafaのブランドブック、まずは関東地方のサポーター様に送付させて頂きました。3000円リターンのサポーター様は、ご住所がわからないので、よかったらメッセージ下さいませ。送付させて頂きます。

 

ご存じの通り「Sulafa」はUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)のパレスチナ刺繍プロジェクト。しかしこの度、アメリカ政府のUNRWAへの拠出金の半額を凍結するという発表を受けて、「Sulafa」の作り手であるガザ難民女性300人が苦境に立たされています。

 

UNRWAのガザ担当の方から、以下のようなメッセージが届きました。

 

今のところ、Sulafaがなくなることは想定されていませんが、場合によって一時的な活動停止や活動の縮小は考えられるかも知れません。ただし、需要があれば今後も商品を作り売り続けることは可能だと思いますし、日本から応援していただけることは本当にありがたいです。

 

1月に東京で行うイベントでも、Sulafaのパレスチナ刺繍を展示販売いたします。よかったら、実際にお手に取ってご覧くださいませ。お待ちしております。

 

*HP(http://amal-f.jp/)とオンラインストアもリニューアルいたしました。どうぞご覧下さい!

 

 

【Alwan Assalam-パレスチナ、平和を願う色彩展‐】

パレスチナのあざやかな工芸品の展示販売に、 写真家・山畑俊樹さんがヨルダン川西岸地区に暮らしながら撮り収めた生活風景の写真作品を添えて展示します。こんな時代だから、和平への祈りがこめられたパレスチナの美(商品/写真)を通して、平和の尊さを感じる5日間。トークライブでは、現地の作り手の想いやストーリーを、現地の背景を交えながらご紹介いたします。みなさま、どうぞお越しくださいませ。

日程:2018/1/31(水)~2/4(日)
 12:00‐19:00(最終日は17:00まで)
場所:ギャラリー古藤(東京都練馬区栄町9-16)

<<イベント>>
〇オープニングイベント「荻野仁子・ウード演奏会」
オープニングイベントとして、中東地域で親しまれる弦楽器「ウード」による演奏会を開催します。日本と中東で高い評価を受けるウード奏者・荻野仁子さんが演奏する独特で哀愁ある音色をぜひお楽しみください。

日程:2018/1.31(水)19:00‐20:00 

*参加費1000円(一部UNRWAへのドネーションとさせて頂きます)
ご予約:お名前、人数、電話番号を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。palestine.amal@gmail.com

〇トークイベント「パレスチナの今、そしてこれから」
長期にわたり解決の糸口が見えないパレスチナ/イスラエル問題。最近では、トランプ大統領によるエルサレムをイスラエルの首都として認める発言により改めて注目を集めました。本展示会で発表される刺繍製品・写真作品にはどのような背景があるのか、パレスチナで精力的に支援活動をされたお二方に、これまでのパレスチナの状況と、注目される今後の展望をお話しいただきます。
トークゲスト:
元日本国際ボランティアセンターパレスチナ現地代表 金子由佳さん
NPO法人JIM-NET事務局長・副代表 佐藤真紀さ

日程:2018/2/3(土)19:00-20:00 *参加費無料
*会場ではJIM-NETのチョコ募金も♥

 

新着情報一覧へ