こんにちは!学生団体SWITCH3年の花道龍之介です!

 

 

みなさん、自分がなりたい職業を想像してみてください。


医者、警察官、歌手、教師、プロ野球選手などたくさんありますね。

最近ではYoutuberになりたいという小学生もいるほどです。
日本はなりたい職業を聞いたら、

人それぞれ十人十色な答えが返ってくると思います。
夢の幅があってとてもいいことだと思います!


ですが僕が実際に訪れたカンボジアの村は、日本と全く違う環境でした。
村の子どもたちのなりたい職業はほとんどが「医者」か「教師」でした。
なりたい理由を聞いたところ、

その職業しか知らないからという答えがほとんどでした。

 

そこで僕が思ったのはもっといろんな世界を知ってほしい!!

 

図書支援をすることによって、子供たちがたくさん本を読み、

たくさんの知識を学んで、夢の選択肢を増やしてほしいです。

 

ほかに職業を知らないから選んだ1分の1の選択肢
自分が好きでやりたいから選んだ100分の1の選択肢

 

ぼくは100分の1の選択肢を選んでほしいです。


たくさんの職業を知っていって、

その中で自分のやりたい事を見つけてほしいです。


ほかの99個の選択肢を置いて、

選んだ1の価値はとても素晴らしいものだと思います!!

 

子どもたちがなりたい職業を考え、将来のことを語り合う
そんな世界にしたい

この思いで僕は活動しています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。