初めまして!

学生団体SWITCHの矢野航大です。

 

皆さんはもちろん普通に文字を読むことができますよね??

日本では誰もが本を読むことができるため、

あまり図書の重要性を感じないかもしれません。

 

でも字を読めることは生きていく上でとても大切なことです。

カンボジアでは字が読めないがために不正な契約書にサインをしてしまい、

土地をだましとられたというケースも実際にあります。


村人の7割が文字の読み書きに不安を感じているそうですが、

皆決して学ぶことがきらいなわけではありません。

 


字を覚えるのには時間がかかります。

悲しい現実を繰り返さないためにも、小さいうちから、

しっかり字を読む機会と場を一緒につくるお手伝いをしていただけませんか?

 

新着情報一覧へ