はじめまして。ADA藤澤ゼミナール代表の中司真緒(ナカツカ マオ)と申します。

 

みなさまからの温かいご支援本当に嬉しく思っております!また、数あるプロジェクトの中から、私たちの活動を見ていただきありがとうございます。

 

私は昭和女子大学でデザインを専攻している大学4年生です。

普段は漫画を読んだりアニメを見たりとオタク気質な私ですが、もう一つ趣味があり、それが海外旅行です!

 

今までに20ヵ国以上の国を旅してきました。特にアジア地域にはよく行き、その中でも印象的であったのがカンボジアでした。

 

街は想像より遥かに発展していて、観光客も多く綺麗なホテルも立ち並んでいました。一見するとただの観光地に見えますが、その観光客の近くには学校に行かず、じっとこちらを見ながら物を売る子供たちがいました。

 

私たちは毎日当たり前のように学校に通い、好きなことを学ぶことができます。しかしカンボジアではそれが当たり前ではないのです。

 

恥ずかしながら、この現実を目の当たりにして初めて自由に学べることや、将来の夢を抱けることがどれだけ恵まれているかを気付かされました。

それと同時に、生まれた場所が違うだけで学ぶことや、夢を抱くことができないなんておかしいと感じました。

 

 

私はなにをできるのか?学生という立場では、なにもできないのではないだろうか?とも考えましたが、小さな力でも集まれば大きな力になる!と信じこのプロジェクトを始めました。

 

デザインを学ぶ者として、カンボジアの子供たちにもデザインの素晴らしさを知って欲しいです。そして夢を広げて欲しいです!

 

 

そのために、皆さまのお力を私たちに貸して頂けないでしょうか。

どうかよろしくお願いいたします!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

新着情報一覧へ