おはようございます♪

実行者の大山翠です。

 

早いもので、

昨日でプロジェクト公開から10日になりました^^

 

現在、10人の方からご支援・応援メッセージを頂いております。

ありがとうございます!!

 

 

さて、今回は「ゆうきさん」からお話を伺いたいと思います♪♪

 

★------★------★------★------★------★------★------★------★------★

 

【宝島バナナファーム 坂井勇貴さんより】

みなさんこんにちは、宝島バナナファームの坂井 勇貴です。


宝島に移り住んで、早いものでもう4年の月日が経とうとしております。
私は高校を卒業してから、ひとつの場所で4年もいたことはありません。
というのは、20代前半は冒険に憧れ、旅をする生き方を選んだからでした。


「色々な場所に行き、色々な人と出会い、色々なことを体験したい!」


そのことをモットーに、その日暮らしの生き方を選んで生きてきました。
誰の力も借りず、自分1人で生きているように感じ、誇らしく感じた事もありました。


今思えば、なんと沢山の方に支えられ生きて来たのか…。


旅先では、雨のしのげる家を借り、空腹を満たしてくれる食べ物を頂き、
星空の下多くのことを教わりました。そのほとんどは、地に足をつけ大地とともに生きる方達でした。


私は旅の途中、同じく旅人であったパートナーと結ばれ、子どもを授かりました。
自分も地に足をつける日が来たことを知り、自然豊かな宝島へと家族で移り住みます。


無事に子どもも産まれ、3ヶ月目の暖かい春の日、
遠くはなれた福島沖で東日本大震災が起こりました。


私は、福島に行き支援したい想いと、授かったばかりの家族を支えないといけないという想いとで葛藤し、日々晴れない気持ちでおりました…。そんな時、「放射能に負けない身体作り」という本の中で、ドライフルーツが良いことを知り、これからどんどん深刻化していく食への不安を少しでも和らげる力になりたいと想うに至りました。


そして、手がけていた農産物のほとんどをやめ、リスクの高いバナナを植え始めました。
荒廃農地を耕し、畑を開拓し、バナナを植える日々。


初年度は、台風の直撃により植え付けたバナナは全滅しました。
もう諦めようとも考えました…。


しかし、倒れたバナナの根元から小さいバナナの赤ちゃんが生まれているではありませんか、
私はもう一度、バナナを植え直すことにしました。


歩けるようになった息子にも植え付けを手伝ってもらいながら。笑



そんなわんぱくな息子や同じ小さな子どものことを想うと、
農薬や化成肥料、除草剤などは使う気になれません。

ましてや宝島の大自然の中で、
自然との調和を崩すことはできませんでした。


国産無農薬、無化成肥料、無除草剤という自然共生型のバナナが、
きっと震災で疲れた方を癒す事になると信じ、直接伝えられない想いをバナナに込めました。


バナナは、大好きな家族や、友人と分け合いながら一緒に食べることが出来ます。
ひとつのバナナを手にした方が、愛する人とやさしい時間を共有することができるようにという願いから、宝島バナナファームのバナナを“やさしいバナナ”と名付けました。


2014年春、震災から3年という月日が経ってしいましたが、初めてバナナを、そしてドライバナナを使ったお菓子を出荷することが出来ました。支えて頂いた皆様、本当にありがとうございました。


しかし…不甲斐ないことに、まだまだ少量づつしか出荷出来ず、需要に生産量がまったく追いついておりません。


そんな中、関東の大学生が夏休みを使い、バナナの手伝いをしに来たいと言ってもらった
時はとてもありがたく、嬉しく思いました◎


しかし、東京から鹿児島までの往復の飛行機代(約2万円)、鹿児島から宝島までの往復フェリー代(約1万5000円)お金がない大学生には交通費だけでもかなりの金額です。


大学生の暖かい想いが報われるように、
そして、多くの方に安心して食べられる “やさしいバナナ” を届けられるように、
引き続きご支援のほど、よろしくお願い致します。


最後に、
多くの皆様へ感謝をこめて、ありがとう。


宝島バナナファーム 坂井 勇貴
(宝島バナナファームの日々の営みをFacebookにて公開しております。詳しくはこちらから、https://www.facebook.com/takarajima.banana

 

★------★------★------★------★------★------★------★------★------★

 

今後とも、少しでも多くの方にご支援・ご協力をしていただけるよう

頑張っていきます^^

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

今日も素敵な1日を。

 

 

★------★------★------★------★------★------★------★------★------★

 

大山翠

宝島の海とあゆむ大学生プロジェクト

 

新着情報一覧へ