ラオスの作業所には新しく入ってきた女性は5名!

ポリオで片足又は両足、片腕に障がいのある子達です。

 

中には経理の勉強をしたことがある女性もいます。

障がいがあることにより中々仕事が見つからない現実があります。

私たちがサポートしている作業所は

モノづくりの場であり

女性達のステップアップを後押しする場所でもあります。

将来的には適性を見ながらパソコンや語学などを習得できるように

整備していけたらと考えています。

 

 

 

 

手まりづくりを通して

女性達は大きく成長します。

材料の使い方、保管の仕方、製品の管理の仕方。

すべてが初めてですから、うまくいかない事もしばしば。

 

一歩一歩を見守っていける環境づくりが

私たちのお仕事なのかもしれません。

 

 

 

 

遠い将来を見つめた時に

私たちがどうしたいかではなく

彼女たちにとってどうすべきか

を考えて寄り添っていければと思います。

 

ご理解下さり、応援下さる皆様に

感謝です。

 

 

石原

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ