READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

点字プリンターの導入により、日々一生懸命働いている視覚障がい者に読書の楽しみを!

点字プリンターの導入により、日々一生懸命働いている視覚障がい者に読書の楽しみを!

支援総額

207,000

目標金額 1,200,000円

支援者
27人
募集終了日
2013年7月7日
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

点字プリンターの導入により、視覚障がいをもつ方々が、読みたい本を自力で朗読できるようにすることで、誰もがいきいきと暮らすことができる社会の実現を目指します。

 

はじめまして国際スポーツ推進機構の代表 前田忠嗣です。

 

私は、視覚障がいをもつ方々が、人間らしく生きるための支援をしたいと思っています。小さな組織ですから大きなことはできませんが、一隅を照らす生き方をしたいと思っています。そんな想いで、視覚障がい者を雇用し、点字名刺の事業を始めました。

 

職場で毎日一生懸命働いてくれている彼らには、日々とても楽しみにしていることがあります。それが、毎朝私たちの会社で行う朝礼での本の朗読です。しかし、目が見えない彼らはどうしても、私たちの朗読を聴くだけになってしまい彼ら自身が本を朗読することができず、そのことを非常に残念に思っています。

 

私達が直接朗読してあげるだけでは、限度があります。

自分で好きな本を選び、朗読することができるよう、点字プリンターを購入するためのご支援をいただけないでしょうか。

 

(作業風景)

 

映画やテレビ、インターネットによる動画配信など私たちの身の周りにはたくさんの映像娯楽がありますが、視覚障がい者はそれらのすべてを楽しむことができません。私たち健常者の感覚からすると、小さなことであっても、彼らにとっては、数少ない楽しみとなります。私たちの職場で働く視覚障がい者も毎日の朝礼や仕事をしながら聴くクラシックのCDを励みにして毎日の仕事に打ち込んでいます。今回、点字プリンターを購入することで、読みたい本を点字に翻訳し、自分自身で読書を楽しめるようにしたいと考えています。

 

 

障がい者である姉から学んだこと

 

私の姉は、重度の視覚障がい者です。幼い頃に視力を失い小学校からは視覚障がい者の学校に通うため、親元を離れて暮らしていました。夏休みや冬休みになると実家に帰ってくるのですが、休みが終わる頃になると学校の寮に戻るため家族で送り届けます。そのたびに涙を流していた姉のことを思い出します。 頑張りやの姉は、努力の甲斐あって会社勤めをすることができました。現在も会社勤めのかたわら図書館での読み聞かせなどの趣味を持ち、いきいきと暮らしています。視覚障がい者としては非常にまれなケースであると思います。

 

「買い物をしたいとき、にいつでも買い物のできるところに連れて行ってくれる?」

 

そんな姉のエピソードがあります。働き初めて何年かしてマンションを買いたいというのです。しかも誰の金銭的支援も受けずに、です。少ない給料の中で生活していたはずなのですが、マンションの頭金を貯蓄したというのです。それもびっくりするような金額でした。購入することに両親も私もあまり肯定的ではありませんでした。いずれ実家に戻ればいいのでは・・・?と思っていました。

 

(姉は、人間らしく生きるための準備を早くから整えていました。)

 

しかし姉は考えを変えませんでした。購入に踏み切る直前に姉に尋ねました。「どうしても買うの?」、逆に姉から次のような質問をされました。 「私が実家に戻ったとして、買い物をしたいときにいつでも買い物のできるところに連れて行ってくれる?友人に会いたいからと友人の元に連れて行ってくれる?」など、矢継ぎ早に質問されました。
 

私は返す言葉がありませんでした。なぜなら、実家には障がい者が暮らすための整備が全くされていないからです。つまり、外を出歩くことすらできないのです。姉は、少しでも人間らしく生きるために早くから準備を整えていたのです。

 

 

誰もが人間らしく生きられる世の中を目指して

 

 

視覚障がい者を雇用するにあたって様々な苦労がありましたが、働いてくれている方々も通勤ができるようになるまで多くの苦労を乗り越えています。当社で働く視覚障がい者も数カ月の歩行訓練を積んだうえで、ようやく一人で会社に通勤できるようになり、現在は毎日一人で公共交通機関を乗り継いで通勤し名刺への点字加工、缶バッチの作成、封筒への宛名貼り等の仕事に従事してくれています。

 

(作業風景)

 

点字プリンターがあれば、出版されている本を点字に翻訳し、日々一生懸命働く彼らに対して読書という楽しみを一つ増やすことができます。私たちのところで働く視覚障がい者のためのみならず、多くの視覚障害者が私たちと同じくベストセラーや話題の本などを楽しめるようにしていきたいと思います。

 

 

 

皆様、ご支援のほど、よろしくお願いします。

 

(従業員達の集合写真)

 

目標支援金使用用途

 

皆様からご支援頂いた資金は、全額点字プリンタの購入に使わせていただきます。また、目標支援金額を超えた場合は、超えた分の金額で、視覚障がい者の労働環境改善のために、点字テプラ購入いたします。

 

(購入予定の点字プリンタ)
 

引換券詳細

 

(オリジナル缶バッチ)

 

(名刺への点字加工)

 

国際スポーツ推進機構について

 

私達の機構では、視覚障がい者の方の雇用支援の一環として、点字名刺製作事業を行なっています。事業内容詳細については、私達のHPをご覧ください。

 

国際スポーツ推進機構HP

(団体ロゴ)

もっとみる

プロフィール

仙台市在住。NPO法人国際スポーツ推進機構代表。幼児~小学生へのスポーツ普及とともに、視覚障害者である姉の影響から視覚障害者のための様々な活

リターン

1,000

alt

点字プリンターで作成した御礼状

支援者
10人
在庫数
制限なし

5,000

alt

点字プリンターで作成した御礼状
オリジナル缶バッチ

支援者
8人
在庫数
制限なし

10,000

alt

点字プリンターで作成した御礼状
オリジナル缶バッチ
名刺への点字加工引換券 100枚分

支援者
8人
在庫数
制限なし

50,000

alt

点字プリンターで作成した御礼状
オリジナル缶バッチ
名刺への点字加工引換券 100枚分
私たちが朝礼で使用している書籍の点字訳本1冊

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロフィール

仙台市在住。NPO法人国際スポーツ推進機構代表。幼児~小学生へのスポーツ普及とともに、視覚障害者である姉の影響から視覚障害者のための様々な活

あなたにおすすめのプロジェクト

ここには仲間がいる。病気や障害と闘う子供の手形10万枚を世界へ

Hand Stamp Art ProjectHand Stamp Art Project

#子ども・教育

累計支援者数
11人
継続会員数
1人
NEXT GOAL挑戦中

被爆体験と平和への願いを次代へ-継承プロジェクト、スタート!

北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道被爆者協会事務局次長北明邦雄(きためくにお)一般社団法人北海道...

#子ども・教育

105%
現在
737,000円
支援者
75人
残り
3日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする