プロジェクト終了報告

2017年11月08日

皆様にご支援いただいたプロジェクトが終了いたしました!

10 月 14 日 ( 土 ) ・ 15 日 ( 日 )、熊本朝日放送主催「 KAB 元気フェスタ 2017 」がグランメッセ熊本で開催されました。両日 58,500 人の来場者で賑わう中、当協会も「熊本城再建支援チャリティ手相鑑定会」と掲げ初参加、 2 日間でなんと 488 名の方の鑑定をいたしました。開始と同時に最終まで長蛇の列、熊本の方は並ばない県民性だと後から聞いて二重の驚きでした。

手相鑑定を通して聴いたお話の中には、家が全壊し震災の傷跡が癒えない方も多くいらっしゃいました。表面からは見えない辛い境遇に立たされながらも、一歩ずつ前を向いて歩む力強さに、「私達もそうだったのかな?」と 22 年前の神戸・淡路大震災からの復興が頭をよぎりました。震災という大変な経験をした共通点があってこそのご縁、お力になれたなら、それ以上の喜びはありません。逆に私達も熊本の方々から癒しをいただきました。

今回の鑑定会から、念願の新しい看板が登場です。クラウドファンディングで皆様にいただいたご支援にて、作成が現実のものとなりました。

順番待ちの合間に、看板と自分の手相を照らし合わせ見入る光景がとても嬉しかったです。これからも、お客様に楽しんでもらえる役割を立派に担ってくれるでしょう。

 

11 月 3 日 ( 金・祝 ) ・ 4 日 ( 土 ) ・ 5 日 ( 日 )公益財団法人日本アニマルトラストのイベント「にやんだ?祭りだ!ハッピーハウスだワン」での手相鑑定会、今年で5回目の参加となり、 185 名の方の手相鑑定をいたしました。

このイベントにいらっしゃる方の中には、「毎年、手相鑑定も楽しみにしています」と足を運んでくださるケースも多いのです。鑑定料は募金としていただき、全て主催団体の運営のために役立てられています。今年も計10万円以上の募金が集まりました。施設内に保護されている犬、猫の大切な命のために活かされることでしょう。

 

私達の活動は、本来よりよく生きるための知恵である占いを、正しく知ってもらい役立てていただくための占い普及活動です。より多くの方へ当協会の存在の知って貰い、また私達の思いが届くように、これからも地道に積み上げていきたいと思います。

 

皆様にご支援いただいた384,000円は看板代に30,812円、残りの353,188円は上記2つのイベント参加メンバーの旅費交通費として全額使わせていただきました。

会費と寄附が活動費の全てとなっているので、本当に助かりました。

 

ご支援くださったすべての方に、心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。