【 トロワの畑こども食堂 】そして北海道地震

先日の地震では、大きな被害が出ています。
震源地には、支援してくださっている農家さんも暮らしています。
その一人は、土砂崩れで命はギリギリ助かったものの、全てを失いました…

地震当日、外で出会った子ども達が、僕の顔を見るなり「あっ!」となりニッコリした表情に、この活動を続けている意味があると感じました。

こう書いてる今も、震度4の余震があり、筆を止めました。

今週、トロワの畑こども食堂を変わらず開催しようと思います。
子ども達の安心が、常にあることを伝える為にも。

遅くなりましたが、先月のトロワの畑こども食堂のご報告を致します。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by トロワの畑 (@troiiis) on


※ 横のカーソルで、写真が8枚スライドします。

野菜いっぱいのカレーライス。
台所も和気あいあい。

子ども達の枝豆もぎは「楽しくてずっとやってられる!」とニコニコ笑顔。

農家さんからの野菜。
おやつのチョコパンは、近所のパン屋さんから。 「朝収穫した野菜いかがですか?」とのお声に、彩りも増えました。

お隣の商店からは、かき氷のサービス。

この日は、夏休み最後の日。
このほっこりする時間が、記憶の片隅にでも残るといいなと思っています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by トロワの畑 (@troiiis) on

※ 横のカーソルで、写真が4枚スライドします。

みなみな畑の収穫
主にこども食堂の食材を育てる取り組みとなっている畑では、少しづつ実りを迎えています。

今年の天候は大変ですが、野菜達の頑張りに、感謝の収穫。
これらは、こども食堂のメニューの食材になります!


 「学校休みになればいいのに」
僕も子どもの頃、同じように思っていた。
この日は、6時間授業とのこと。
楽しみなことも見つかりますように。

学校終わったら公園で遊ぶと言っていました。

台風や、地震の恐さを乗り越えて、平穏な日々が早く来ますように。

-----
皆さんのあたたかいお気持ちが、子ども達の笑顔に繋がっています。
これからもよろしくお願いいたします!

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています