「朝ごはん支援」を始められました!



小学校にわりと近い場所に、北海道産食材での惣菜屋さんがOPENしました。
店主さんは、私の農家仲間の同級生という知らなかった繋がりでした。
そして、今回のクラウドファンディングの期間中に相談したところ、こども食堂への興味を持って頂き、朝ごはん支援にチャレンジする事が出来ました。


「惣菜のミツバチ」さんです。

とある朝に、お店の前を通学する子を数えました。
25名。

翌日、その子達に朝ごはん支援についてのチラシを手渡ししました。
やはり、警戒する子達もいました。
にこやかな笑顔で声をかけても、受け取ってくれない子達もいました。



 

当日、早起きしてご飯を炊き、味噌汁を準備。
店主は、おかずを担当してくれています。

朝ごはんを食べた子どもは、元気に学校へ行きました♪
「時間が無い…」という子には、おにぎりを。🍙

 

「ごちそうさま!ありがとう。」と言う言葉に、こちらも元気をもらうことが出来ました。

-----

今月、朝ごはん支援は 2回行いました。
次のチラシ配りは、エプロン姿で警戒心を弱められたでしょうか。
受け取ってくれなかった子達も、なんとか手を出してくれました。


2回目の朝。
店内は、満員です。
驚きました。
そして私達は、その状況にてんやわんやしました。
遅刻はさせられません。

実は、最初にチラシを受け取ってくれなかった子達が来て「美味しかった!また来る!」と言ってくれたのです。

なんだか、ホッとしました。

-----

朝ごはんを食べて、元気に学校へ向かう子ども達の姿は、良いものです。
どんな一日が待っているのでしょうか?

ある子は、「今日の体育が楽しみ!」と言っていました。
またある子は、ペットボトルを抱え「理科で使うの」と登校して行きました。

-----

今後、学習支援を兼ねた、下校時のおやつ提供も計画しています。

子ども達の安心出来る場所が、増えていきますように。
 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています