合鴨農法で作る無農薬米・奥州光アイガモの出発式へ

化粧品のこだわり素材の一つ、岩手県奥州光の米ぬかエキス。

奥州光のお米は、アイガモ農法という農薬や化学肥料を使わない農法を行っております。

 

今年もいよいよ「アイガモの出発式」がスタートしました。

美味しいお米が育ちますようにと願いを込めながら、私も鴨の放鳥会に参加してきました。

6月なのに、日差しが強く暑い!

暑さに負けず、長靴を履いて参加^^

 

地元の幼稚園児が130人集まり、地区ごとに鴨を放流していきます。

最初に、お米の話や鴨とお米の関わり、鴨の抱き方について説明を受けます。皆、真剣に聞いてます。

そして、一人一人鴨を田んぼに放ちます。

鴨ちゃん、頑張ってね~と園児達が声援を送っています。

 

みんなとっても楽しそうです。

鴨ちゃんもピーピー鳴きながらそーっと田んぼに放されていきます。

 

とっても可愛い小鴨たち。

最初は、ジーとしていますが慣れてくると、群れをなして泳いでいきます。

 

そして、私も人生初のアイガモ放流にチャレンジ!

 

可愛くて、連れて帰りたいくらいでした。

頑張ってくるんだよ~。害虫さんを食べて美味しいお米を育ててね!

 

元気に羽ばたいていきました^^

実は、この後私は田んぼに落ちました。

幼稚園児でも落ちたことがないそうです、、

 

7月中旬から下旬まで鴨を放流し、農薬を使用せずお米を育てます。

山系の大自然が生んだ清涼な水と肥沃な土壌で育ったお米(奥州光)は、格別に美味しく栄養効果も高いです。

そんなこだわりのお米(米ぬか)からエキスを抽出し、化粧品に使用しています。

 

今年も、どうか無事に元気に育ちますように!