クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

通信制高校に関した先進事例のシンポジウムを仙台で開催したい

詩誌『回生』(担当:編集同人、小熊昭広)

詩誌『回生』(担当:編集同人、小熊昭広)

通信制高校に関した先進事例のシンポジウムを仙台で開催したい
支援総額
26,000

目標 400,000円

支援者
5人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2015年06月09日 06:26

NPO法人D×Pについて(狙い:その5)

 おはようございます。

 

 私がどうして、大阪のNPO法人D×P(ディーピー)の今井さんをパネリストにお呼びするのか、その狙いを書かせていただきます。

 

 まず、通信制高校を卒業しても、なかなか自立できない現実を強く感じているからです。そこに、NPO法人D×P(ディーピー)は、年齢が近いちょっと年上の大人達が丁寧に若者と関わることを通じて人と人との信頼関係を築き、成功体験を積み重ねることで、社会に関わることのできる人間を育てようとしています。

 

 その上、次のステップとして、インターンシップやIT技術、芸術活動のイベント開催などの、実際の社会との関わりを体験して、さらなる成功体験を積み重ねてゆこうとしています。

 

 このシステムの中に、企業の力を取り込んでいます。この発想は、私には新鮮でした。

 

 私は、この取り組みで一番大事なところは、大人と若者との関わりを丁寧に行うというキャリア教育プログラム「クレッシェンド」にあると思っています。いや、その信頼関係の構築をどこまで丁寧、そして根気よく行うのか、そこが一番大事な部分と思っております。

 

 そこを、直接に会って、そこをどうやっているのか聞きたい。

 

 それが、今井さんをお呼びする第一の理由です。

 

 そのからの広がりは、企業を取り込んだインターンシップなど、色々と興味はあります。

 

 大人との信頼関係の構築の部分では、NPO法人TEDICの門馬さんの取り組みと、相通じるところがあるのではないかと思っています。

 

                                小熊

一覧に戻る

リターン

2,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム報告書(記録)の送付

支援者
2人
在庫数
制限なし

3,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)

支援者
0人
在庫数
80

5,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付

支援者
2人
在庫数
38

10,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付+版画家明才作製のオリジナルポストカード(木版画)3枚

支援者
1人
在庫数
19

35,000円(税込)

サンクスレター+シンポジウム優先参加の権利(申し出があった場合は他の方に譲渡することも可能です。)+シンポジウム報告書(記録)の送付+当日午後6時半頃から約2時間のパネリストとの食事会参加権利

支援者
0人
在庫数
10

プロジェクトの相談をする