こんにちは。今回は、ミャンマーでコーヒープロジェクトをはじめた理由について触れていきたいと思います。

 

私がミャンマーコーヒープロジェクトを実施する根底には、「ミャンマー山岳地域の少女を守りたい」という想いがあります。

 

 

「舞台はタイ。ヤイルーンは8歳のときに実の親に売られて、タイ北部の貧しい山岳地帯の村からバンコックに連れて行かれた。両親は娘を売った金で冷蔵庫とテレビを手に入れる。ヤイルーンは日本や欧米などの世界中の富裕層が集まる売春宿に連れて行かれ、大人たちの性的玩具にされていた」

 

闇の子供たち 2008年8月公開 先日、ミャンマーのコーヒー会社の人と話しましたら、ミャンマーの山岳の少女たちもタイに売られているとことでした。原因は貧しさと親の意識の問題です。  

 

 

2015年からミャンマーでコーヒープロジェクトをはじめた理由は、この貧困の問題の解決に役立ちたいとの思いでした。

 

幸い、ヤイブラ村ではそのようなことは起こっていませんが、最近、電気が通り、テレビが見えるようになり、コマーシャリズムの嵐が村まで届くようになりました。「娘を売った金で冷蔵庫とテレビを手に入れる」といくことが起こらないとは限りません、そのためには最低限の現金収入が必要です。それが、コーヒー栽培なのです。

 

また、カヤ州や農園がありますジャン州では、麻薬が第一の社会問題です。 農園の近くのインレー湖の周辺でもケシが栽培されているそうです。ケシに代わる換金作物は、コーヒーや果物類です。  

 

コーヒーは私たちにとって、嗜好品に過ぎませんが、1kgで300円前後の収入になるコーヒーは農民にとっては、死活問題です。 皆さまのご支援よろしくお願いいたします。

 

わかちあいプロジェクト 代表 松木傑

 

 

 

新着情報一覧へ