デナリの写真

 

ランディングポイントから見えるデナリ。傘雲がかかっている。ここから2週間かけて向かう。

 

周囲の山は雪崩が常に起きている。

 

ソリを引っ張り、40〜60kgの重量を担いで登頂する。全然スピードが出ない。

 

周囲は絶景。

 

C1(キャンプ1)にて。旗があるところには他の隊の荷物がキャッシュ(デポ)されている

 

C3(キャンプ3)からのデナリの山頂。でかすぎて言葉にならない

 

C3から見えるフォーレイカー山。めっちゃ綺麗。

 

ガスがかかると一気に幻想的な景色となる

 

気圧が低く、乾燥しているため、靴下がすぐ乾く

 

朝のフォーレイカー山とハンター山。絶景。

 

隊員たちのご飯を作る食テンの中。テーブル、椅子も雪で作っている。意外とあったかい。

 

スノーブロックはスノーソーで作る。デナリにいる間、だんだんと上手くなる

 

キャンプ中の楽しみはなんと言ってもご飯。

 

テントのお隣さんとはだいたい仲良くなる。

 

 

うんこをクレバスに捨てに行く旅。

 

うんこのビーニール袋が破けたが、なんとかクレバスの中に入る。周りに失敗した数々のうんこ跡がある。

 

うんこクレバス。結構深い。クレバスの移動とともにうんこが粉々になるという。

 

フォーレイカー山とヘリコプター

 

嵐の後、テントが雪にほぼ埋まっている状況。

 

ラグビーボールをパスすれば、だいたい友達。

 

最後に見たデナリ山頂。来年また戻ってきます。今度は登らせておくれ!?
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています