みなさんこんにちは!



Plas+です!



 



本日の担当は大久保佳織(4年)です!



 



クラウドファンディングの挑戦も



大詰めに入ってきました。



 



わたしからは~Present Love~について



お話ししたいと思います。



 



 



 



Plas+は4年間の歴史の中で



たくさんの変化をしてきました。



だけどモットーである"Present Love"だけは



変わっていません。



 



 



"愛を届ける"ことは、なんとも抽象的です。



目には見えないし、効果も数値では表せない



しかもなんかよくあるキャッチフレーズのようにも感じます。



 



 



モットーとして掲げていたにも関わらず



それを理解していなかったのが正直1年生の頃の私でした。



 



 



しかし、4年間かけて



現地渡航、自主企画ゼミ、インタビューリレー



イベントの参加、学内での報告会、募金活動、Plas+合宿



様々な活動を行なって来ました。



 



 



これらの活動を通して感じたことは



いつも"人"と関わって来たこと。



 



 



ビジネスとして、仕事として、自分の信念で



社会人としてのフィールドで国際協力を行なっている方々



 



日本の学生に、真のニーズを打ち明けてくれて



頼ってくれたトムオー村の方々



 



そのニーズに応えるために協力してくださる



現地のカウンターパートの方々



 



私たちの活動を全力で支えてくれて



応援してくれている麗澤大学の先生や学生の方々



 



そして私たちの活動や思いに感銘して入って来てくれて



今では同じ熱い思いで活動を行なってくれている後輩たち



 



 



「今、この方たちにPresent Loveしてもらっているな」



と感じることが多かったです。



 



自分の時間を割いて、労力を使って



時には資金的援助をしてくださって



そして全力でアドバイス、応援をしてくださる方たちと関わって



 



 



「これがPresent Loveなんだ」



 



 



と、私の中でこのモットーを理解して



それと同時に"Present Love は連鎖をする"と思いました。



 



 



これからの経験を通して



Present Love to All Students



~全ての子どもたちに愛を~



を堂々とモットーに抱えて活動をしています。



 



 



私の夢は、いつかこうして関わった子どもたちが



どんな形でもいい、ほかの誰かにPresent Loveをしてくれることです。



 



 



 



最後に



今このように考えられるようになったのは



本当に数え切れない方たちのおかげです。



心から感謝しています。



ですのでこの塀建設が、子どもたちの命を守るだけでなく



目に見える形で協力者の方たちに感謝を伝えられる方法だと思っています。



ですのであと少し、私たちに力を貸してください。



私たちも最後まで諦めず全力で挑みます。



 



このクラウドファンディング



なんとしても成功させたいです。



 



 



よろしくお願いいたします。



 



 



 



 



 



最後まで読んでくださり



ありがとうございました。



 



NEXT→大塚桃香


新着情報一覧へ