ご無沙汰してしまいました。

新着情報、しばらくぶりとなってしまいました。

石垣島の冬は、寒い地域に比べればずっと気温も高いのですが、

暖かい日と寒い日の差が大きく、

半袖で過ごせるほど暖かいと思ったら、

夜になって急に冷え込んだりすることがあります。

 

地元の人は、急に冷え込んだ日の翌朝は、

海岸に打ち上げられた、仮死状態の魚やイカを拾いに行くのだとか。

魚たちも急激な温度変化にまいってしまうのですね。

 

こんなときには、体調を崩してしまう猫も多くなり、

うちでお世話する猫の数も35匹になりました。

元気な猫たちばかりなら、お世話もそれほど大変ではないのですが、

 

猫たちが次々に吐いたり、下痢したりで、

お薬を飲ませたり、ケージやトイレのお掃除も、

敷物や毛布、タオルなど洗濯も増えて、

なかなかお世話が終わらなくなりました。

 

町に出かけて、動物病院や公園の猫たちに会いに行った日は、

帰ってから、たくさんの猫食器を洗ったり、

お薬をカプセルに詰めたり、猫ベッドをきれいにしたり、

あれこれしていると夜中を過ぎても終わらず・・・・

 

新着情報の更新ができなかった言い訳をしてしまいました。

 

でも、洗濯機の購入をさせていただいたおかげで、

大量の洗濯物も洗うことができ、たいへん助かりました。

応援してくださった皆様に、

深く深く、感謝しております。

 

本当にありがとうございます。

 

公園では、体力の落ちたお年寄り猫が、

鼻水をたらしていたり、下痢していたりで、

ずっとずっと気になっていた猫を

今年に入ってから、やっと保護しました。

 

本当はもっと早く保護したかったのですが、

うちのケージも満杯、お世話もひとりでは限界・・・

お世話の時短もあれこれ考えて、

100均の枚数の多い紙皿など買いこんで、

時々は紙皿を使いました。

(ドライフードに使えば、軽く拭けば複数回使用可能)

 

そんなわけで、気になっていた老猫タックルを保護しました。

ようやく保護できて、心からほっとしました。

 

 

2012年以前から公園にいたタックル。

鼻水と口内炎でよだれもひどく、体もガビガビでした。

下痢もずっと続いていたのか、見た目ではわからないけれど、

背中をさわると、背骨がごつごつ出ていました。

 

こちら、一緒にいる黒猫はタックルと一緒に保護したBB。

ブラックビッグなのでBB。同じく口内炎と下痢でした。

病院でもらった抗生剤と駆虫薬で元気になり、

1ヶ月ほどの保護のあと、BBは先に公園に返しました。

 

元気回復してきた現在のタックル

意外とハンサムだったのね~

 

こんな元気な顔を見せてくれると

また頑張れるんです。

 

 

◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆~◆

 

リターンの肉球ストラップ、猫フィギュアを
購入してくださった皆様へ

たいへんお待たせしていて申し訳ありません。

数日中に発送予定ですので、もう少々お待ちくださいね。

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています