プロジェクト概要

 

ありがとうございます!!皆様のお陰で第1目標達成できました。そして、「おりづる再生紙」について知っていただくために、第2目標に挑戦します!
 

これもご支援頂いた皆様、応援して下さった皆様、拡散して下さった皆様のお陰です。心よりお礼申し上げます。

 

ここから、第2目標に挑戦することにしました。今回の挑戦で、改めておりづる再生紙についての認知度がまだまだ低いことに驚きました。Japan Expoで行うワークショップでは通常の色紙を利用しようと考えていましたが…第2目標のご支援で、おりづる再生紙に変更しようと思います。


よりたくさんの人に 広島に日本中、世界中から届く千羽鶴への感謝の気持ちと、こんなに素敵な「おりづる再生紙」として再利用させて頂いていること、生産者の多くが社会福祉団体の障害を抱えている人達であることを知って頂きたい!もっと伝えていきたい!!と強く考えるようになりました。

 

たくさんの「おりづる再生紙」をパリで発信するために、可能な限り持って行きたい。

 

どうか引き続き応援して頂けると幸いです。
最後の最後まで頑張りますので、宜しくお願い致します!!

 

書道家hiro (河内裕美)

 

 

被爆者の祖父母の実体験を直接聞くことができる最後の世代が、パリで開催されるJapan Expoの展示で平和を願う心を世界へ広げたい。

 

こんにちは。河内裕美です。原爆投下から72年。平和であることが当たり前となり、ニュース等で目にする、テロや人々が傷つけ合う様子が他人事のように感じてしまうようになりました。

 

母となり「これではいけない。このままではいつかきっと繰り返してしまう。この子達にきちんと伝えなければ…」と、平和都市広島で、書道家hiroとして書道を通じて平和を繋ぐ活動をしております。

 

先日、2018年にパリで開催されるJapan Expo(WABISABI ジャパンプロモーション)の方から、ホームページで私の活動を見て、直接出展依頼を受けました。世界中の人に平和について考えるきっかけをつくるために、ぜひ参加したいと思いましたが、予算面の問題が立ちはだかりました。

 

何度も熱心にお声をかけてくださり出展することを決意致しましたが、出店のためには最低でも50万円の費用が必要です。平和の想いをパリで伝える機会をつかむために、お力を貸していただけないでしょうか?

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

作品展示を通して“これからの私たちは”の先を考えるきっかけの1つとしていただきたいと「被爆三世 これからの私たちはproject」を行ってきました

 

自身が親となり、子供が成長していく様子を見て、この子達の未来が平和であってほしい、きちんと伝えていく義務があるなと強く思っていました。平和について、人それぞれ考え方や感じ方は違います。しかし、過去を振り返らず、風化させ、同じことを繰り返すことになって欲しくない。だからこそ、ひとりひとりが過去を知り、「人ごとではない」未来がどうなってほしいか、願い、考えてほしい。

 

同じ思いを持つメンバーと出会い、「被爆三世 これからの私たちはproject」を立ち上げました。被爆三世・同世代、次世代のこれからを考えてもらうきっかけ作りのために、作品展示を通して“これからの私たちは”の先を考えるきっかけのひとつとしていただきたいという思いで活動を行っています。2016年に展示会で制作した「折鶴」の作品は、2017年におりづるタワー様へ寄贈させていただきました。
 

展示会場には、実際に原爆を体験された方の手記を置かせていただいているのですが、それを真剣に読み、時には涙されるお客様を見ると、この活動はささやかだとしても続けて行きたいと強く思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

原爆ドームに集まるたくさんの人の想いが込められた折鶴から作られるおりづる再生紙を使った活動に注目していただき、Japan Expo出展依頼を受けました。

 

日本だけでなく、世界中から原爆ドームに集まる折鶴達…たくさんの人の想いが込められている折鶴で作られる、おりづる再生紙があることをご存知でしょうか?商品製作やパフォーマンスにはこのおりづる再生紙を使用しています。これまでに、広島市立中学校のおりづる再生紙を使用した卒業証書の筆耕や自身のオリジナルおりづる再生紙を使用した商品を製作しました。

 

先日、私のホームページを見たと、パリで開催されるJapan Expoの担当者の方から、お電話で出展依頼を受けました。私の作品と活動内容をしっかりと見た上でお声をかけて下さったようなので、素直にとても嬉しかったです。

 

予算面等の問題で検討するとお返事した後、何度も熱心にお声をかけて下さり出展することを決意致しました。

 

 

 

日本文化である書道で、広島から平和を願う心を世界中に広め、日本とパリで平和を願う心を繋げたい。

 

2018年7月5日(木)〜7月8日(日)にパリで開催される、日本文化とエンターテイメントの祭典Japan Expoに参加します。

 

海外の方に向けて、日本文化である書道をアートで表現し、書道も表現豊かな芸術であることや、書道の魅力を、また、パフォーマンスのメッセージを「平和」にすることにより、日本文化である書道で、広島から平和を願う心を世界中に広めて行きたいという想いを伝えて行きたい。

 

感謝の気持ちを発信、平和を繋げるきっかけになりたいと思っています。また、広島に届けられる折り鶴たちが、再生紙として生まれ変わり、再利用していることをたくさんの人に知ってもらいたい。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

平和を祈り続ける人々の心。伝えること、話し合うことの大切さを広げたい。72年前の悲惨な出来事が繰り返すことをなくしたい。

 

戦後72年。日々、平和な日本。ニュースなどで目にするテロや飢えに苦しむ人々…胸は痛むけれど、時間が経てば忘れてしまう。しかし、今この瞬間、死と直面している人々は確実に沢山いる。過去を伝えていく人が減って行き、感心がなくなり、少しずつ忘れ、風化した時、私達はきっとまたいつか繰り返してしまう日が来てしまうかもしれない。

 

被爆者の祖父母を持つ私たちは、その実体験を直接聞くことができる最後の世代です。原爆・戦争の記憶を私たちが受け継ぎ、次の世代へ繋いでいくことが大切だと考えています。


1人のチカラでは何も出来ないかもしれない…しかし、1人1人が、平和な世の中であって欲しい、子供達の未来が平和であって欲しい…そう願い、考え続けることによって、きっと72年前の悲惨な出来事が繰り返すことはなくなるのではないかと思います。

平和都市広島から世界へ。この活動を応援して頂けると幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

これまでの実績

 

10歳より書を学び、高校在学中より坪井工鷹氏に師事。書の甲子園と呼ばれる「国際高校生選抜書展」で大賞と優秀賞を受賞するなど、学生時代から多数の賞を受賞。

 

本格的に書道を学ぶため進学した大学卒業後、中学、高等学校で国語、書道講師を務める傍ら、2003年より「河内書道教室」を開講。


その後本格的に書道アーティストとしての活動をスタートし、商品や看板のロゴ、書による空間デザインなどを多数手がける。

 

また、他の分野で活躍するアーティストとのコラボレーション作品の制作や、イベントでの書道パフォーマンス等、表現者として活動の幅を広げている。


「感書」
〜感性に伝わる・感動させる・感慨深いものに〜
をテーマに、作品に強いメッセージ性を込める。

 


最新の新着情報