レセプションパーティーの様子です。

写真展開催前日、5月25日にレセプションパーティーを行いました!

 

image

 

もちろんギリギリまであれこれ作っていましたが、

無事仕上がりほっとしました!

 

 

image

 

 

ご挨拶のパネルがが来たー♡と喜ぶわたし。

image

 

パネルは本当に誰でも組み立てられるようになっていて、

デザインしてくださったGOOD MORNINGさん、本当にありがとうございます!!

 

 

image

本当にすごく考えられて作られた展示台!!2、3人で組み立て可能です⭐︎

 

 

かおがいっぱいの会場。

 

優しい色味に仕上がり、すごーくあったかい空気感に包まれました!

 

image

 

モデルさんの表情が本当に素晴らしくて、

「いまを楽しむ!」という素直なエネルギーが伝わって来ます。

 

image

 

 

image

 

パーティー参加のみんなも早くから来てくれて、一緒に並べるのを手伝ってくれました!

皆様本当にありがとう!!

image

 

 

東京から動画を編集してくださったイシヅカマコトさんも来てくださり、

パーティー風景をたくさん撮ってくださいました🎵

私の右手が今回の写真展のモデル撮影を行ってくれたEitomarsさん。左手がイシヅカさん!

image

 

 

image

スリッパを並べて、いよいよパーティーがスタート!

 

 

最初のご挨拶では、胸がいっぱい感極まって号泣しそうになりました。

 

 

最初に告知された時、

がんという病は未知すぎて、

光がどこにあるのかも分からなかった。

 

 

病棟のナースさんには「私が見た患者さんでは1番若いかもしれない」と言われ、

気分はすっかり若くして亡くなる可哀想な人だったし、

どこかに絶対いるだろう若年性乳がんの方と、どう繋がっていいのかすらわからなかった。

 

次女は3ヶ月。長女は5歳。

 

この子達を置いて逝ってしまうんだろうかと、

不安でたまらなかったのです。

 

 

 

 

その時の想いから2年半。

今はここ福井のサバイバー事情もどんどん変わり、多分きっと私の想いが様々な形になってきてる。

 

そんな中でもこの写真展は、私が伝えたい全てをまるごと詰め込んで作り上げました。

 

規模があまりにも大きすぎて、

正直へこたれそうになった時もあったけど、、

 

 

本当にたくさんの方の力を借りて、

私が伝えたいことそのままに仕上がりました。

そのことにただただ胸がいっぱいで、、、

 

私1人では本当に何も出来なかった。

みんなが居てくれたからここまで来れた。

そして作りあげたものを、この目で見ることが出来た。

 

一緒にお祝いしてくださった皆さま、

本当にありがとう。

心からありがとう。

 

 

とっても美味しかったパーティーのお料理はil-va-bianイルヴァビヤンさん!

 

image

 

どれもこれも絶品だったし、さすがの盛り付けやテーブルコーディネート!!

image

 

参加してくださった皆さんが「お料理すっごく美味しいね!!」と絶賛されていて、

本当にイルヴァビヤンさんにお願いしてよかったです⭐︎

image

 

美しいお料理は見ているだけで幸せ!

 

image

 

イルヴァビヤンチームの皆さんとパシャリ。

 

image

 

 

パーティーにはスペシャルゲストにヒナタカコさんをお迎えし、

この写真展を記念して作られた楽曲のPVをお披露目しました!

 

 

 


最後はなんとアカペラで歌ってくださり、また感動しすぎて喋り倒すわたし笑。

 

歌詞にも「ありのままのわたしでいい、ありのままのあなたでいい、わたしを生きることこそ自分の生きた証」

というメッセージを詰め込んでいます。

 

 

 

みんな感動してくれて、チャリティーCDお買い上げ♡

 

 

参加してくださったみんなの笑顔が見れて、幸せだったなぁ。

 

 

 

 

 

 

image

 

 

うちの子達も大はしゃぎ笑。

 

image

 

 

 

image

 

 

最後にみんなでパシャリ。

 

 

image

 

 

私にとって、新しいスタートの1日になりました!

 

想いがたっぷり詰まった写真展。

 

是非皆さん見に来てくださーい!

 

 

 

『生きるを伝える写真展』

 

image

 

 『生きるを伝える写真展』

 

2018年 5月26日(土)〜6月10日(日)まで

 

病で髪を失った女性、その家族。

それぞれの「生きる」の形を通して、ありのままの美しさを、そして「生きるとは何か?」を感じて欲しい ー。

ひとりの乳がんサバイバーの想いが多くの共感を得てかたちになりました。

あなたの大切な人と一緒に、ぜひお越しください。

 

 

10:00〜16:00  入場無料

 

福井県坂井市春江町江留下高道95−5

Living space Atha.ーリビングスペース アターにて

「MOMI&TOY'S」さん裏http://www.momiandtoy.com/shop/chubu/fukui/318001.html 

 

 

 

6月2日(土)写真展を記念して、マルシェを開催致します!

 

image

 

がんサバイバーや、脱毛症。

病がきっかけで髪を失った方の美しく、軽やかに生きる姿を伝える写真展です。

髪の毛がない。そのことを受け入れるのに、それぞれたくさん感じ、悩み、考え、今を生きてる。

今回モデルとしてご協力くださった皆さんは、ありのままを受け入れ自分が同じ悩みを抱える方の光になりたいと、私の想いに賛同してくださいました。

 

 

がんも脱毛症も特別な病でなく、本当に身近な病。

だからこそたくさんの方に見てほしい。知ってほしいと思います!!

 

『生きるを伝える写真展』HPはこちら

https://ikiru-syashinten.jimdofree.com/

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています