プロジェクト概要

ミャンマーで生まれ育ったひとりの男性は、アメリカで受けた教育に衝撃を受けました。

 

彼が知っていた教育は、ミャンマーで主流の詰め込み型の暗記教育のみ。

 

ただ、丸暗記することが重要とされ、「答えのない問題に対して、自由な発想でどう対処できるか」を考える環境がないことが、ミャンマーの教育課題です。

 

「これからのミャンマーの将来を担う若者たちに必要なのは、思考の柔軟性を持ち、様々な課題に取り組むための基礎教育(=リベラルアーツ教育)なのではないのだろうか?」

 

かつてアメリカでリベラルアーツ教育を受けた男性は、国のため、そして若者たちのために立ち上がりました。祖国ミャンマーで、“初”となるリベラルアーツ教育を取り入れた大学を創設します!

 

 

 

 

祖国ミャンマーの若者に、自由で幅広い教育を届けたい。

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。NPO法人Parami Institute代表のチョウモントゥンです。18歳までミャンマーで育ち、ミャンマーで教育を受けた後、アメリカのイェール大学へ進学。そこで、化学のPhD(博士号)を取得しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
フィールドワーク中の一枚。



アメリカ留学中、軍事政権下だった祖国との教育方針の違いに驚き、リベラルアーツ教育*の可能性を感じた私は、PhD取得後ミャンマーへ帰国し、ミャンマーの将来を担う若者に、自由に、そして幅広い分野を学ぶことのできる環境を用意することを決意し、Parami Instituteを設立しました。

 

現在は、ミャンマー初の全寮制大学の創設を目指し、ゲストスピーカーの招聘等を実施しながら、塾でリベラルアーツ教育を推進しています。これまでも多くの個人・法人の皆様にこの取り組みに賛同いただき、たくさんのご寄付やお力添えをいただきながら、事業を推進してくることができました。

 

好きなことを見つけ、追求し、自分で思考できる人材を増やしていくことが今のミャンマーに必要であり、Parami Universityがその礎になると考えています。

 

そしてこの度、我々が目標とする大学開設の第一歩として、まずは奨学生のサポートや学生寮創設事業に着手したいと考えております。初年度のこの取り組みを軌道に乗せるためには、準備資金として250万円が必要です。

 

「教育は暗記するだけじゃない」

 

主体性を重視し、自由に学習を楽しみ、国を変えていくリーダーが生まれる環境づくりを一緒に築きあげていただけないでしょうか?どうぞ温かいご支援を賜りたく、お願いいたします。

 


*リベラルアーツ教育とは?
ギリシャ・ローマ時代に理念的な源流を持ち、「人が持つ必要がある技芸(実践的な知識・学問)の基本」と見なされた自由七科(文法学・修辞学・論理学の3学、および算術・幾何(幾何学、図形の学問)・天文学・音楽の4科)を指す。「学士課程において、人文科学・社会科学・自然科学の基礎分野 (disciplines) を横断的に教育する科目群・教育プログラム」に与えられた名称で、Parami Instituteでは、思考の柔軟性を持ち、様々な課題に取り組むための基礎教育全般のことを指しています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
Yale Universityの卒業式にて。

 

半世紀もの間アップデートされていない
基礎教育のカリキュラム。ミャンマーの教育事情とは。

 

現在、政権が変わり、民主化・国際化というキーワードで経済発展が進んでいるミャンマーですが、基礎教育自体は、50年前のカリキュラムとほぼ同じで、昔と変わらぬ暗記型教育が行われています。

 

一例としては、大学受験の回答などは、教科書に掲載されている文章を一言一句正確に答えられないと正解とは見なされず、自由に思考する本質的な学問・学術理解が進んでいないのが今のミャンマーの教育課題です。


そのため、答えのない問いに答えることが苦手な人が多いと言われており、変化の激しい時代、この力が弱いことがミャンマーでは一部で問題となっています。

 

社会に出たのちに、自分で考える力を身につけられていないことで挫折経験を味わう学生も。

 

 

思考の柔軟性を持ち、様々な課題に取り組むための教育環境を実現。
Parami Instituteによる“新しい教育のカタチ”。

 

そうした状況に対して、私は、リベラルアーツ教育の推進によって、この問題を解決したいと考えました。

 

現在は、大学創設に必要なライセンスが取得できていないため(ライセンス申請を政府と進めている段階)、塾のような形式で、1カリキュラム6ヶ月間のリベラルアーツ教育を進めています。2年以上に渡る学校運営の中で、各国大使や国連関係の方々をゲストスピーカーとして招聘し、月1の講演会、英語を通じたリベラルアーツ教育を展開してきました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
過去の授業の様子。生徒たちも講師も真剣に取り組んでいます。

 

Paramiでの学生たちの様子。多様なバックグラウンドを持った学生がミャンマー各地から集まっています。

 

■Paramiに通うピィエウーメイさんのケース

 

 

Paramiに入学したある学生のエピソードをご紹介させてください。

 

ピィエウーメイという女子学生は、現在、劇団などのオーディションを受けたりしているのですが、小さいころは興味があっても、家庭内で興味を持つような素振り、行動はできませんでした。

 

その理由としては、彼女の祖母が、「女の子が歌うこと、踊ることは恥ずべきこと」と考えており、彼女が歌などを歌うたびに叱っていたからです。

 

ミャンマーのカリキュラムでは、音楽などの授業はないため、Paramiに入学するまで、人前で勉強したりすることはできませんでした。

 

彼女自身は、Paramiに在学中、「人前でも歌ったり、踊ったり、好きなことを追求しても良い」と気付き、卒業後、劇のオーディションなどに参加しています。

 

彼女がParamiの教育を受け、自分の好きなことに誇りを持って、人生を歩み初めたことで、スタッフ一同、この学校を設立して良かった、と再認識しています。

 

 

より多くの学生たちに教育の場を提供するために。
大学創設に向けて必要な、奨学生のサポートと学生寮を整備したい。


しかし、Paramiの取り組みをスケールしていく上で、ネックになってくるのは、やはり資金の課題です。

 

 

現在、ミャンマー法人などから、学校建設費などに必要なハード面での資金は、5.000万円ほど集まってきています。しかしながら、奨学金や学生寮などのソフト面でのサポート資金を募るのは、ミャンマーでは文化上難しく、このままでは地方の熱意に溢れる学生に新しい学習の機会を提供できない状況になってしまいます。


今回、皆さまからご支援いただいた資金は、喫緊で必要になる奨学生のサポートに必要な資金や、地方学生の学生寮創設に向けた資金に充てさせていただきます。

 

Parami Instituteの中長期計画です。今後、大学としては、STEP2を目指しております。
ますは、学生たちが学業に集中できる環境を整えることが重要です。

 

 

今回の応援をお願いしている250万円の内訳は下記の通りです。

 ・地方からの学生向けの寮費:約60万円(1年間)

 ・地方学生の授業料: 約30万円 (5名分:150万円分)

 ・クラウドファンディング手数料

 

 

ミャンマーの次世代リーダー、ならぬアジアで活躍する人材を育てるために。
未来への投資をよろしくお願いします!

 

私たちは今回のクラウドファンディングは、単なる“お金集め”ではなく、ミャンマーの教育界を変えるためのムーブメントを起こす同志を探す取り組みだとも考えています。

 

私がお願いしたいことは、「ボーダレスになっていく社会において、日本だけではなく、アジアや世界にご支援をいただけないか」ということです。日本、ミャンマー、その他の国でも、若者に対してどのような教育を行うべきか、ということを議論しているのは同じです。国の間の移動が容易になり、インターネットを通じてシームレスに連絡を取り合えるようになったからこそ、より密に「次世代の育成」を考えることに、はボーダレスな視点が必要になります。

 

ミャンマーは今、大きく変わろうとしています。私たちが挑戦する「リベラルアーツ教育」の普及も、数年前では活動すること自体できませんでした。

 

ぜひ、このページをご覧いただいている皆様にも、新しい教育の普及にご賛同いただけないかと考えています。主体性を重視し、自由に学習を楽しみ、国を変えていくリーダーが生まれる環境づくりを一緒に築きあげていただけないでしょうか?

 

どうぞ温かいご支援を、お願いいたします。

 

 

リターンについて

 

ご支援してくださった皆さまには、金額に応じてリターンをお送りいたします。

 

■お礼のメッセージ
Parami Institute のメールマガジン(英語)に登録し、定期的に進捗共有を配信させていただきます。

 

 

■奨学金を受けた学生からお礼のメッセージ

■奨学金を受けた学生の生活の様子、学習様子をまとめた動画

■ミャンマー・現地視察コース
*Parami Institute 学生たちの生活・学習の様子をご覧いただけます
*ミャンマーまでの交通費や滞在費、予防接種費用等においては、それぞれご負担くださいませ。

 

■Parami Instituteのスポンサーネームライツ

*お名前をドナーリストに追加させていただきます。

 

■設立する寮のネーミングライツ(1年間)
 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)