ご覧頂きありがとうございます!

こんにちは!「七田チャイルドアカデミー美郷こまち教室」の教室長、見上以久子です。

 

今日で、プロジェクト開始から30日目。

今日現在、◆目標金額の39%(¥299,000)◆ 達成しております。ご支援頂いた皆様ありがとうございます。

しかし、目標額までは、まだまだほど遠いのが現状です。更なる皆様のご支援、ご協力が必要です。どうぞよろしくお願いします。

あと16日で61%!!(¥451,000)

 

出会ってくれた方、全てに感謝です。ありがとうございます。

 

今回は、このプロジェクトに挑戦して、いろいろ気づいたこと、学び(反省多々…)をお伝えします。よろしければお付き合い下さい。

 

今回のプロジェクトは、その名の通り、「秋田で、子育てが楽しくなる幼児教室を広めたい」という思いから、当教室「七田チャイルドアカデミー美郷こまち教室」の新規コース開設の為の資金を募るものでした。

2014年に始めて教室を一人で開き、そしてこれまでの2年間もがむしゃらに頑張ってきました。

様々なイベントを企画したり、様々な資格を取るために出張を重ねたり、など「出来ることは全てやろう!」という姿勢で、『一人であること』を言い訳にしない道を選択してきました。

今回のクラウドファンディング挑戦もその1つです。

 

本当に偶然ですが、英語コース開設の話があったタイミングで、このクラウドファンディングサイト「ReadyFor」の存在を知りました。

それまで「クラウドファウンディング」という言葉すら知りませんでした。

でも、直感的に「これはやるしかない!」と思いました。

思った次の瞬間には、「申込」のボタンを押していました。

 

そうして始まった、私のプロジェクト。

タイミングは偶然かもしれませんが、「七田式教育」に対する思い、「秋田の子育てを応援したい」という思いは本物です。

どうしても、自分の思いを皆に知って欲しい、届けたい。

その気持ちがどんどん膨らみました。

もちろん、それ自体は悪いことではなく、むしろ自分の熱い思いを知ってもらうには良かったのかもしれません。

でも、必死になる余り、私は周りがよく見えなくなっていました。

 

初めてのことにチャレンジして、必死になってもがいて、その結果、嫌な思いをさせてしまった人もいました。

その方々には、本当に申し訳ないことをしてしまったと思っています。

 

自分の思いを一方的に伝えても、それを受ける人の反応は様々。

それは最初から理解しているつもりだったのに、「どうしても伝えたい!」と伝えることばかりに必死になっていました。

自分の未熟さをつくづく思い知らされました。

 

でも、今回の挑戦によって、そのこと(自分の未熟さ・至らなさ)を知り、顔の見えないところで、自分の思いを相手に伝えることの難しさを知りました。

そのことこそが、今回の挑戦の収穫だと言ってもいいくらいです。

(もちろん挑戦は終わっていませんが)

挑戦しないところに、気づきもないのですから…。

 

未熟な私を応援して下さる皆様、本当にありがとうございます。

プロジェクトを支援して下さった方はもちろんのこと、普段から応援や励ましのメッセージを下さる皆様、そして、ページを訪れて下さった皆様、全ての皆様に感謝いたします。

中でも、一番感謝したいのは、私の至らなさで嫌な思いをさせてしまったのに、敢えて言いにくいことをご指摘下さったり、アドバイスを下さった皆様です。

本当にありがとうございます。

 

今回の気づきと学びを忘れず、これからもコツコツ頑張ります。

どうぞ、未熟な私を今後もご指導よろしくお願いします。

 

※5/4(水)23:48現在 支援総額 299,000円(39%)

目標金額まで あと 451,000円