READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

難病FIP発症…余命3日の宣告をうけた子猫のおはぎを助けたい!!

にゃんプチーノ

にゃんプチーノ

難病FIP発症…余命3日の宣告をうけた子猫のおはぎを助けたい!!

支援総額

806,000

目標金額 780,000円

支援者
116人
募集終了日
2022年2月20日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

▼自己紹介

はじめまして、日下留実子と申します。

この度は数あるプロジェクトの中から、当プロジェクトをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

私は大阪市住吉区帝塚山で保護猫カフェを併設した就労継続支援B型を運営しています。

 

この施設を立ち上げたきっかけは、訪問看護師として障がいの患者さんの訪問をしていた頃に遡ります。車椅子で体が不自由な女性の患者さんが「猫飼いたいねんけど、私は自分のこともできひんのに、旦那さんに言われへんわ。」と呟いたことから始まりました。

 

私は一緒に猫カフェに行こうかと探しましたが、車椅子で入店できるお店は見つかりませんでした…。パニック障害も抱えている方なので、繁華街ではなく、人が少なく落ち着ける場所。なかなかありません。

 

私の頭の中で火花が散るようにアイデアが浮かびました。

 

「車椅子でも入れる猫カフェを作ればいい!」→  →「採算が合わない。」「経営していけない…」

 

そこからは思案の連鎖でした。

「安定し経営できる方法は?」「障がい者の方のためになる施設」「障がい者の方と一緒にお世話ができれば、尚良い」「アニマルセラピーの効果を広めたい」「野良猫の保護もできれば、社会支援にもなる」「社会の役に立つことで自尊心の向上にもつながる」

考えて考えて考えて…

 

2021年6月に保護猫カフェを併設した就労継続支援B型にゃんプチーノが誕生しました!!

 

就労継続支援B型とは、障がいのある方が一般企業への就職が不安、あるいは困難な場合に、雇用契約を結ばないで就労訓練をおこなうことが可能な福祉サービスのことを言います。 障がいや体調にあわせて自分のペースで働くことができるため、一般就労や就労継続支援A型事業所への移行に必要なスキルを習得することが期待できます。

現在25名の利用者さんが在籍し、23匹の猫ちゃんのお世話をしています。2021年12月の時点で21匹の猫ちゃんを里親様に譲渡しました。そして3匹の猫ちゃんを看取りました。

喜びも悲しみも職員と利用者さん一緒に味わってきました。

 

にゃんプチーノの仲間たち 向かって右下が私日下です。

 

里親さんのところへ行った猫たち

 

 

しかし経営は私が思っているほど甘くはありません。

開業に約1350万円かかっています。現在一月の収入は210万円ほど。運転資金は270万円ほど。

まだまだ軌道に乗っているとは言えませんが、少しずつ利用者さんも増え、黒字になるように頑張っている最中です。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

くりくりお目目のかわいい黒猫ちゃん。胸元に白い毛のチャームポインがある男の子。

親しくしている保護猫活動家の方から依頼され、2021年7月20日ににゃんプチーノの仲間となりました。この時点で推定2か月です。人馴れしておらず早速スタッフにかみついてしまいました。

この時は怖がりだけど元気いっぱいの男の子という印象。綺麗な黒毛から「おはぎ」と名付けました。

 

 

来たばかりのおはぎ 一緒に保護された大福ちゃんと仲良しです

 

穏やかに過ごしていましたが、10月末後にゃんプチーノの猫ちゃんたちにコクシジウムという寄生虫がによる感染症が広まってしまいました。

コクシジウム症

大人の猫は感染しても無症状なことが多いのですが、子猫は水様性の下痢が主な症状となります。他のウイルス感染症と重複感染があったり、免疫力の低下により症状が重くなると、血便や脱水、貧血、栄養失調、体重低下などの症状を起こします。

にゃんプチーノの猫達も子猫を中心に重い症状が広がり、スタッフは看護と消毒に追われる日々。その中でおはぎも下痢症状が。しかしおはぎにだけみんなと違う症状が出てました。右目が少し濁っている?赤い?

この時は甘えん坊になっていたおはぎ。「にゃー」とかわいい声で鳴きスリスリしてきます。

たいしたことなければいいけれど、、

10月29日かかりつけ医で診てもらうと「ブドウ膜炎」と診断されました。

この時私たちは、ブドウ膜炎をすぐに治る結膜炎のようなものだと思っていました。無知とは恐ろしいです。

ブドウ膜炎の写真は症状が視認できるため、掲載できないとの事で載せていません。かわいそうにだいぶ酷い状態でした。

 

その後は週一回通院し、目薬、内服薬を続けましたがなかなか一進一退の状態。なかなか治らないなあ、、、でもこの時はまだ良くなると信じていました。

12月4日食欲がなく受診すると腹水が溜まっていました、血液検査では肝機能不全が。FIP疑いといわれました。

コクシジウムに罹患したことも発症のストレスの一環だったかと思われます。

猫のウィルス疾患 ~猫伝染性腹膜炎(FIP)~猫伝染性腹膜炎は、多くの猫の腸に感染する低病原性のネココロナウイルス(FCoC)が突然変異し主に血液中に移行し血液中の成分(マクロファージ)で増殖します。感染した猫はウイルスに対して過剰なアレルギー反応をおこし全身のいたるところに血管炎を引き起こします。現在、猫伝染性腹膜炎に関しての予防・治療法はまだ確立されていません。発症は生後半年~3歳に多くみられ、稀に高齢でも見られます。コロナウイルス感染の猫ちゃんの中でも数%の発症とされていますが、いったん発症すると完治は困難な病気です。

◆原因

ネココロナウイルスの突然変異による。突然変異の要因としては、多頭飼育や飼育環境によるストレス、猫エイズ・猫白血病ウイルスなどの免疫異常を引き起こす病気が関与していると言われています。

◆病型と症状

多くの臓器が侵されるため、元気消失・食欲不振・体重減少(特に幼若期)など、様々な原因不明の症状がみられます。猫伝染性腹膜炎の病型には2つのタイプがあります。①ウェットタイプ(滲出型)発症した猫ちゃんの大部分がこのタイプです。元気消失・食欲不振・発熱・腹部膨大などがみられ、呼吸困難・貧血・脱水・黄疸・下痢などがみられることもあります。②ドライタイプ(非滲出型)主に眼や神経系に症状を出します。眼に症状がでると白く濁ったように見えたりします(前ぶどう膜炎)。神経系に障害が出るとその病変部位により様々な症状例えば眼球が揺れたり、異常行動を起こしたり、痙攣、後ろ足の麻痺、旋回運動などいろいろな神経症状を起こします。その他、黄疸(2歳未満で多く見られます)、腹部腫瘤なども見られることがあります。

出典https://www.pati-clinic.com/cat/detail/detailG000000033_12.html

以前は治療法がなかった病気ですが、人間のコロナが流行し研究が進み、現在は抗ウィルス薬が存在します。このFIP治療薬は錠剤又は注射のお薬で中国政府には認可されています。しかし日本ではまだ未承認であり、輸入するとなると大変高価な薬です。かかりつけ医では取り扱っていないので、治療のできる病院を探すことになりました。幸いにも近くにFIP治療薬協力動物病院がありすぐに受診しました。

この時おはぎは、食事が摂れず、黄疸、貧血、腹水貯留とかなりの重症です。

 

エコーでは腹水が確認できます

 

抜いた腹水です。

 

この時の血液データです。貧血、脱水、肝機能不全が著明です。

 

腹水の検査結果です。

 

「ドライタイプの一番重症」そう言われました。目の症状が出ていた時点で発症していた可能性が高いとも言われました。かかりつけ医で診てもらっていたとは言え、自分たちの無知のせいで重症になり治療が遅れたこと悔やんでも悔やみきれません…。おはぎに申し訳ない、もっと私たちがしっかりしていればと思わずにはいられません。

 

先生には「やはり高額になるので治療をするしない様々な飼い主さんがいて、何が正しいとはない。治療をしないというのも選択肢の一つ。ただ何もしなければ3日。対症療法だと1か月程度の命だ」と言われました。

 

 

  • 治療費の目安

おはぎはこの時体重1.8キロ。

ドライタイプの目と神経症状が出ている重症。

注射なら1日1回0.9ml。1バイアル(瓶)5ml入って9万9千円。5日分です。

その注射を84日間続ける必要があるとの事。続けなければ再発するそうです。体重が増えていくことを考えずに計算しても167万円ほど。そこに受診、検査等が上乗せされていきます。ざっと200万円。赤字経営の私たちには払えません。この値段を聞いた時は言葉が出てきませんでした。

 

治療をせずに帰る選択もありました。しかも治療を開始してもすぐになくなる可能性も。

私たちは話し合いとりあえず一刻を争う状態なので治療を開始し、今後のことは後で考える!!

無謀かもしれませんが、どうしても治療をしない選択はできませんでした。

そこでスタッフの池永が自身のお金を立て替えて治療を開始しました。

 

「おはぎがんばれ」「にゃー」か細い返事。何か声をかけるとおはぎはいつも返事をくれます。

私たちを信用してくれているんです。甘えてスリスリ。

もう決めたこと、悩むのはやめてできることをする。みんなで決心を固めました。

 

その後スタッフで色々調べたところ、正規のFIP治療薬ではないけれど同じ成分の治療薬が安価な価格で個人輸入でき、成果をあげていることを知りました。もちろん何の保証もありませんがかけるしかありません。このお薬だと84日間で計算しても日本円で20万円ほどです。体重が増えればもっと量が必要になりますが、それでも大きな差です。

すぐに発注しましたが2~3週間かかるようです。

それまでは今の注射を処方していきます!

 

2021年12月7日  注射2日目 昨日より足や首がしっかりしてます。

注射毎日です。痛いけれど頑張ってくれています。

 

診断書です

 

 

▼プロジェクトの内容

 

<おはぎの治療費>

今までの診察や投薬  159247円

今後必要な医療費 

動物病院で処方してもらえるFIP治療薬 4バイアル 396000円

診察代検査費用 2週1回5000円程度  6回 30000円

手数料+税 102960円

リターン、その他雑費(通院交通費、高カロリー食等) 91793円

(個人輸入する注射液は処方薬ではないので実費で購入します)

 

合計78万円

 

何とかして治療費を集めて84日間の治療を継続しおはぎに元気になってもらい、全てを受け入れてくれる里親様、幸せに過ごせる一生のお家を見つけてあげてることが目標です。

 

今までの医療費明細です

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

私たちは今まで猫ちゃんを3回看取りました。

肺炎で亡くなった子猫、猫白血病ウィルスで亡くなった子、心筋症で突然死した子です。

この子達は、治療をうけましたが助かりませんでした。

でもおはぎちゃんは違います。特効薬があるのです。助かる可能性が十分にあるのです!

お金が用意できず諦めるなんて悔しすぎます…

 

ほんとにほんとに皆様に支援をお願いするのは心苦しく、厚かましいと思っています。

資金がないのに猫ちゃんを引き受けることを腹ただしく思う方もいらっしゃると思います。

でもおはぎちゃんに未来を、穏やかな未来を過ごさせてあげたいのです。撫でられることが大好きなおはぎちゃん。膝に乗るのが大好きなおはぎちゃん。この先をもっと見せてあげたい。

たくさん撫でて抱っこしてあげたい。幸せにしてあげたい。

厚かましいお願いで申し訳ございません。どうか皆様の力を貸してください。

 

考えたくはないですが、もしおはぎが亡くなったりなど治療を継続出来なくなった場合、他の闘病中の猫ちゃんの医療費や、猫達の食費やトイレシート、砂などの消耗品に使わせていただきます。

 

 

尿路結石でいずれ手術をしなければならない可能性があるラクくん

療養食でも改善せず膀胱炎を繰り返すしています。

 

猫白血病で現在は寛解しているカムちゃん

毎月インターフェロンを注射しています。

 

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ーーーーーーーー
本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:就労継続支援B型 保護猫カフェ にゃんプチーノ 06-6657-7712

 

READYFOR事務局:ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
▶︎ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え(https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/
ーーーーーーーー

プロジェクト実行責任者:
木本高文(エイトネス株式会社)
プロジェクト実施完了日:
2022年2月20日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

FIPに罹患している猫(おはぎ)の治療を行います。毎日の注射による投薬、2週に1回の通院のために集まった資金を使用します。

プロフィール

にゃんプチーノ

にゃんプチーノ

大阪市住吉区の就労継続支援B型 保護猫カフェ にゃんプチーノです。 障がいをお持ちの方と職員と力を合わせて、保護猫活動を行なっております。 ご興味を持っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

リターン

1,000


心を込めて感謝のメール

心を込めて感謝のメール

感謝のメール、活動報告をお送りします。

支援者
44人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

3,000


心を込めて込めて、感謝のメールとおはぎの写真データ

心を込めて込めて、感謝のメールとおはぎの写真データ

感謝のメールとおはぎの可愛い写真データを1枚送ります!

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

5,000


心を込めて感謝のメールとおはぎの写真データ

心を込めて感謝のメールとおはぎの写真データ

おはぎの写真を3枚と感謝のメールをお送りします

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

10,000


猫をモチーフにしたレジンキーホルダー2つセット

猫をモチーフにしたレジンキーホルダー2つセット

心を込めて手作りします。デザインはお任せになります。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

20,000


にゃんプチーノ オリジナルグッズ福袋

にゃんプチーノ オリジナルグッズ福袋

写真はイメージです。アクセサリーやコップ、トートバックなど
オリジナルグッズをお送りします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

30,000


感謝のメールとにゃんプチーノオリジナルTシャツ

感謝のメールとにゃんプチーノオリジナルTシャツ

猫カフェメンバーのフルカラープリントTシャツです!

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

40,000


おはぎのイラストつきタンブラー

おはぎのイラストつきタンブラー

ステンレスサーモのタンブラーです
450mlです

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

50,000


にゃんプチーノ 豪華福袋

にゃんプチーノ 豪華福袋

画像はイメージです。
にゃんプチーノのみんなで心を込めてオリジナルグッズを作ります。
バックやタンブラーなどの詰め合わせです。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年3月

プロフィール

大阪市住吉区の就労継続支援B型 保護猫カフェ にゃんプチーノです。 障がいをお持ちの方と職員と力を合わせて、保護猫活動を行なっております。 ご興味を持っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

あなたにおすすめのプロジェクト

Lake  Wars  田沢湖浄化の戦い。活動シンボルの寄贈と設置 のトップ画像

Lake Wars 田沢湖浄化の戦い。活動シンボルの寄贈と設置

打田純二打田純二

#環境保護

74%
現在
341,700円
支援者
18人
残り
11日
横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中! のトップ画像

横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中!

永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)

#まちづくり

継続寄付
総計
27人

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする