プロジェクト概要

2016年9月にLGBTフレンドリーな社会を目指すイベント

NAGOYAレインボーウィークと虹色どまんなかパレードを開催します!

 

私は虹色どまんなかパレード2016実行委員会の市川武史です!
虹色どまんなかパレードは「LGBTを含む性的マイノリティが当たり前のように過ごせる社会を目指したい」という想いから、2012年から毎年名古屋で開催しているLGBTパレードです。名古屋・東海地区の企業や学校に対する意識啓発をすすめ、LGBTが暮らしやすい地域社会をめざすキャンペーンを実施しています。

 

名古屋の中心部でこれまでに4回開催したパレードによって、遠い場所ではなく身近にもLGBTが存在しているという事をアピール出来ました。

また、セクシャリティを超えてLGBT当事者同士の理解を深め、その交流の場を提供してきました。

 

LGBTに対する社会的関心がひろがり、経済誌などにも「LGBT市場」といった形での特集も組まれるようになりました。ダイバーシティ政策の一環として関心を寄せる民間企業も生まれています。教育現場においても、セクシャルマイノリティへのきめ細やかな対応が求められるようになりました。

 

ダイバーシティーとは、一人ひとりが持つ様々な違い(性指向・性自認・国籍・年齢・学歴や職歴等)を受け入れ、 それぞれを価値として活かすことで企業の競争力に活かそうという考え方のことです。一部の外資企業などが積極的に取り組んでいる一方、地方では、まだまだLGBTに寛容な土壌ができているとは言えません。学校も同じで、一部の熱心な教員の有り無しで現場には大きな差が生まれています。

 

日本のLGBTへの取り組みを進めるために皆様のご支援をお願いいたします!

 

虹色どまんなかパレード
虹色どまんなかパレードの様子

 

私たちがそこにいるのが当たり前
そんな社会を目指しています

 

■中にはこんな人も・・・

  • 就職活動をしている時に、面接官にカミングアウトをしたところ「帰れ」と言われて、とても辛かった。
  • 中学校、高校の時に、恋心を抱いていた仲の良い同性の友達と話をしていたら先生から「お前らホモか!気持ち悪い(笑)」と言われて、すごくショックだった。誰にも本当の自分のことは言えないと思った。

私たちはこのような社会を少しでも変えていきたい、LGBTが暮らしやすい地域社会をつくっていきたいという思いから、2012年より、LGBTの存在をアピールする「虹色どまんなかパレード」が開催してきました。

 

そこで、このパレードにあわせて、「NAGOYAレインボーウィーク」を実施し、民間企業や学校、家庭での意識改革を図り、LGBTが暮らしやすい地域社会をめざす機運を盛り上げていきます。

 

虹色ど真ん中パレードに是非来てください!

 

NAGOYAレインボーウィークと

虹色どまんなかパレードはこんなイベントです!

 

NAGOYAレインボーウィーク

 

●開催日時

2016年9月17日(土)から25日(日)まで

 

●NAGOYAレインボーウィーク期間中の取り組み参加

キャンペーンに賛同していただける企業・団体等が、NAGOYAレインボーウィーク期間中に大小様々なイベントや取り組みを実施します。

 

店内にレインボーフラッグを揚げるなどの簡単な取り組みから、イベントを開催するなどまで、それぞれの事情にあわせて取り組んでいただき、パンフレットやウェブサイト等で取り組み内容を紹介します。

 

●「LGBTフレンドリー宣言」の普及

東海地区に本社・支店のある企業・店舗、また学校に対し、「LGBTフレンドリー宣言」(LGBTに対する不当な差別を行わず企業活動を通じてLGBTが暮らしやすい地域づくりに貢献することを表明する宣言)をするように働きかけます。

 

フレンドリー宣言をした企業には、「LGBTフレンドリーフラッグ」やポストカード等を配布し、それを設置していただきLGBTに理解がある事を示していただいております。また、下記の「できることリスト」を例に、企業・学校としてできる取り組みを明示。希望により企業・学校名をWebサイトやSNS等、虹色どまんなかパレードパンフレットにて紹介、公表します。

 

○従業員に対しての取り組みの例

  • セクシャリティにかかわるハラスメント的言動の防止や、職員研修の実施
  • 同性カップルのいる従業員に対する家族手当や福利厚生の提供
  • 性自認に基づく性別での就労を認める等、雇用での差別の禁止
  • トイレや更衣室などの利用への配慮
  • 企業研修を実施する

 

○顧客に対しての取り組みの例

  • LGBTフレンドリーフラッグなどを付ける
  • 不必要な性別欄の廃止
  • 同性カップルに対する家族割引やカップル割引の適用
  • 「女性限定」等のサービスの性自認(心の性別)に基づく提供
  • 「誰でもトイレ」(性別でわけないトイレ)の設置や表示
  • 性自認に基づく商品(アパレル商品など)の提供や接客

 

○学校での取り組みの例

  • 教職員自身が知る、学ぶ。
  • 校内でのハラスメント的言動の防止に取り組む。
  • 生徒、保護者からの相談を受けた場合の体制を整えておく。
  • 同僚の中にもLGBTがいる事を踏まえて発言する。

 

■虹色どまんなかパレード

 

●開催日時
2016年9月17日(土)13:00〜17:00

 

●開催場所
名古屋市中区栄 ナディアパークアトリウムおよび矢場公園

 

・LGBTパフォーマーによるパフォーマンス、LGBT著名人によるトークショーなどの実施。LGBT団体による展示ブース、LGBTグッズ、ファッションなどの物販ブース、企業の紹介ブースなど、20団体程度を目標。

 

・名古屋市栄一帯でLGBTの存在をアピールするパレードを実施。車両(サウンドカー)によるフロート。

 

実際のパレードの様子です。

 

見えない存在でなくなるために 

 

ここ数年でLGBTの認知がとても広がってきたとはいえ、「周りにLGBTの人はいる?」と聞いてみるとあまり手が挙がりません。LGBTの数は神奈川県の人口900万人と同じくらいの数と言われているのに・・・。

 

これは、まだオープンにしづらい人の方が圧倒的に多く、カミングアウト出来ない人が多いため「見えない存在」になっているということです。

 

実際に、思春期のLGBT児童はカミングアウトが出来ず、孤立しがちな状況に陥ってしまうため、自殺リスクが非当事者に比べて数倍とも言われていたり、「多くの職場でLGBTに関して差別的な発言がある」というアンケート調査の結果も出ています。

 

私たちは虹色どまんなかパレードを通して、企業や学校、地域の人にLGBTの理解を

深めて、「カミングアウト」という言葉がなくなるくらい当たり前のように暮らせる社会を目指していきたいと思います。

 

そのために、皆様の支援が必要です!私たちのイベントに力を貸してください!

 

ちいさなアピール、大きな一歩

 

資金使途

 

会場設営費:266,976円
パンフレット制作費:155,108円
会場費:162,000円

 

その他:92,000円

上記合計の675,884円の中の400,000円を目標としています!

 

リターン

 

3,000円のリターン

・手書きのお礼状

・LGBTの基本知識がよく分かる小冊子 1冊

・あなたもLGBT宣言をしよう「虹パレステッカー」3枚プレゼント

・虹色ポストカードのプレゼント

 

10,000円のリターン
3,000円コースに加えて、

・LGBTの人も、そうでない人もみんなで楽しもう、虹パレアフターパーティー招待券(2016年9月17日(土)パレード後に開催)

 

30,000円のリターン

3,000円コースに加えて、

・虹パレスタッフによる名古屋のLGBTカルチャー案内。 ローカルなその街の魅力を紹介&LGBTの人もそうでない人も楽しめるお店ディナーチケット2名様分 どのお店かは届くまで秘密♪

 

50,000円のリターン

3,000円コースに加えて、

・LGBTの人も、そうでない人もみんなで楽しもう、虹パレアフターパーティー招待券(2016年9月17日(土)パレード後に開催)

・虹パレスタッフによる名古屋のLGBTカルチャー案内。ローカルなその街の魅力を紹介&LGBTの人もそうでない人も楽しめるお店ディナーチケット2名様分 どのお店かは届くまで秘密♪

 

100,000円のリターン

50,000円コースに加えて

・虹パレスタッフがLGBT出張授業!(90分/愛知県以外は交通費は実費ご負担お願いします)