ナマステ!アンジャナです。

 

今日は私の仲間を紹介します。
ネパールのポカラで一緒に働いているスシラ・ブジェル(23歳)です。

スシが大好きなスシラです

スシラと私は同じ地区に住んでいましたが、4年前障害者の集まりで初めて出会いました。4歳のときに祖母の家で火傷を負い、後遺症が残りました。今も左手を自由に使うことができません。火傷の後すぐに病院にいかなかったことが原因ですが、なぜだと思いますか?詳しく書くことはできませんが、男尊女卑の文化に関係することでした。

スシラの両親はずっと働いていましたので、叔母さんに育てられました。障害のある自分を好きになることができず、将来のことは考えないようにしてきました。何になりたいか、どんな生活をするか、考えないようにしていました。でも、私と話すようになって、少しずつ変わってきました。障害があっても自立することができて、イキイキと暮らしている人に会いました。スシラと同じような障害の人がネパールにいることも知りました。そして、私が困っているときは助けてくれるようになりました。今では私の介助をしながら、障害のある女性たちを訪問して励ましています。私は車イスですから山の方には行けませんが、スシラは歩くことができるので、山道でも私をおんぶして登ってくれます。私たちはお互いにできることが違うので、助け合っています。

おんぶもうまくなりました

 

スシラは仲間ができてから、将来のことを考えるようになりました。カフェやゲストハウスを作って、みんなが交流できる場所を提供したい、そんな夢もできました。小さい頃から叔母さんの家に預けられ、家事は全部やってきました。これからはそれを社会のために活かしたいと言ってます。日本の仲間ができたので、今は朝早くから日本語を勉強しています。日本人にたくさん遊びに来てほしいそうです。

日本に来てから日本語が上達してます

私たちは弱いところもありますが、お互いの強みを生かして強くなってきました。これからは仲間を増やして、もっと強くなります。

クラウドファンディングにご協力をお願いいたします。

アンジャナKC

新着情報一覧へ