こんにちは!世界を楽園にする映画監督・増山麗奈です。本当に皆さんのおかげで奇跡のスピードでご支援が伸びています。なんと、あと7時間、10万円!なんとか、いける気がする!

感謝の気持ちでいっぱいです。最後まであきらめないで頑張ります!

 

実は、光栄なことに、私増山麗奈は、ロンドンでイギリスの連邦議員(国会議員)ジェーリー・クーパーさんと対談させていただくことになりました。。ジェーリー・クーパー議員は、雇用創出などに取り組む労働党の連邦議員です。

素晴らしいご縁を紹介してくれたのは、私が代表する一般社団法人ユーラシア国際映画祭のブログ執筆などコアメンバーで、通訳の加藤眞由美さん。

 

ReFashionCaravanロンドン公演のプレスリリースを”完璧なイギリス英語”で制作してくれています。本当に心強いスタッフです。加藤さん、いつもありがとう♡最高のスタッフと仕事ができて幸せ~(←こういうことの連鎖が世界を楽園にすると思う)

 

ジェーリー・クーバー議員との面会の機会を迎えられるのは、クーパー議員の弟さんで、イギリスで舞台芸術の世界で活躍された経験もある、教育者のイアン・コールダーさんが、「ベーシックインカム」に興味を持っておられることがきっかけでした。実は、私増山麗奈は、”最低限の生活保障金を等しく誰もが受け取る”=ベーシックインカムについての、世界初めてのドラマ映画を製作しています。(はじまりの日~ベーシックインカム元年~)この映画も、レディーフォーを通じてクラウドファンディングをさせていただき、製作した映画です。実は、映画を作るきっかけがイギリスの労働党の国民のための量的緩和政策(銀行ではなく国民に直接お金を配る政策)を知ったことだったので、本当にご縁を感じています。レディーフォーを通じて応援してくださった皆様にも改めて感謝をお伝えいたします。

議員会館を訪問しての対談風景は、市民メディアロンドンにも取材をしていただきます。追って応援していただいた皆様に動画などでご報告ができると思います。ポフリ妙子(Taeko Poffley)さんとシャープ千穂(Chiho Sharp)さんに同行していただきます。

 

またReFashionCaravanのメンバーも同行します!

 

女性や多様な存在が輝ける社会の実現や、ベーシックインカムなどの金融政策、そして着物や文化の交流などお話ができることをとてもありがたく思っています。

 

日本代表として、今後の日本・イギリスの両国にとって発展となる、お話ができるように頑張ります。(単語を確認・・覚えなきゃ~~)

仲間と一緒にいい時間にできるように、対話の時間を楽しみにしています!

 

ぜひ皆さん、私たちReFashionCaravanを日本代表として、ロンドンまではばたかせてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ