今回は、SPECの活動をご紹介します。

 

2013年度、大阪市都島区との連携事業を行いました。

 

その名も、

 

「ICTグローバル人材育成推進事業」

 

ICTを活用して、都島の子どもたちの育成をサポートしようという事業です。

都島区の田畑区長と議論に議論を重ね、プロジェクトをスタートさせました。

内容としては、

 

ネパールの中学校と日本の中学校をWEBでつなぎ、

同世代の中学生同士で交流、ディスカッションをしています。

 

ネパールでは、小さい頃から学校での授業は基本的には全て英語で行われるため、

中学生にもなるとみんな英語が話せます。

 

一方、日本の中学生は英語どころか、

自分の意見を大きいことでいうことにも自信がないところからのスタートでした。

 

SPECは、

アイスブレイク、ファシリテーション、カリキュラム設計、現地校とのやりとり等、様々な観点で関わらさせて頂きました。

日本の中学生たちは、回を重ねるごとにどんどん成長して、

自信をつけて、積極的に発言できるようになりました。

 

心がけたのは、

①自分の意見を言うことに失敗はないということ

②他人の意見をうなづいて聞くこと

これくらいです。

こういったところから、中学生はコミュニケーションを学び、

自分の意見に自信を持つようになりました。

 

どういった様子かは、こちらをご確認ください。

http://www.city.osaka.lg.jp/miyakojima/page/0000241555.html

 

今年も、都島区と連携して活動を行います。

日程のご都合が付く方は、ぜひ一度見学にいらしてくださいね。

詳細は、Facebookページでアップさせて頂きます♪

 

今回は、このあたりで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ