プロジェクトの報告!(完全版)

プロジェクトの報告を作成しましたが、

超大作すぎて、字数オーバー(T . T)

 

こちらの新着情報にアップいたしました。

 

 

プロジェクトが終了しました。


昨日、9月2日(土)。

刈谷市産業振興センター小ホールにてプロジェクトのシェア会及び報告会を行いました。

この模様は、YOUTUBEを通して新着情報にてご報告させていただきます。

 

これをもちまして、本プロジェクトが終了いたしましたことをご報告させていただきます。

本当にありがとうございました。
 

 


プロジェクトの様子

 

クラウドファンディングでいただいた資金は、以下のチラシづくりに使用させていただきました。

また、2万枚を印刷。

公民館や市役所などに置かせていただいたり、幼稚園や小中学校にて配布指定いただいたりしました。

 

 

全8会場での小学生以上の動員数は以下の通りです。

 

 

8月13日(日)名古屋市(北区)

会場:名古屋市総合社会福祉会館

 

 

映画「うまれる」38名

映画「ずっと、いっしょ。」26名

 

司会をしてくれた子どもたち
司会をしてくれた子どもたち

 

 

北区会場の受付
北区の会場の受付


8月15日(火)安城市

会場:アンフォーレ

 

 

映画「うまれる」81名

映画「ずっと、いっしょ。」71名

 

安城会場のスタッフの皆さん
安城会場でスタッフをしていただいた皆様との1枚

 

 

 

 

 

8月17日(木)一宮市

会場:尾張一宮駅前ビル i-ビル
 

 

映画「うまれる」44名

映画「ずっと、いっしょ。」27名

 

一宮会場のスタッフの皆様
一宮会場のスタッフの皆様with子どもたち

 

 

8月20日(日)碧南市

会場:南部市民プラザ
 

 

映画「うまれる」54名

映画「ずっと、いっしょ。」42名

 

碧南会場のスタッフの皆様
碧南会場をお手伝いいただいた皆様

 

 

8月21日(月)豊川市

会場:長沢市民会館
 

 

映画「うまれる」22名

映画「ずっと、いっしょ。」20名

 

 

 

8月22日(火)名古屋市(緑区)

会場:緑生涯学習センター
 

 

映画「うまれる」39名

映画「ずっと、いっしょ。」30名

 

映画上映会の様子
緑区会場の映画上映会の様子

 

 

8月24日(木)豊田市

会場:豊田市教職員会館
 

 

映画「うまれる」69名

映画「ずっと、いっしょ。」35名

 

豊田会場のサブ会場の様子
豊田会場のサブ会場の様子

 

 

 

 

8月26日(土)刈谷市

会場:刈谷市産業振興センター

 

 

映画「うまれる」124名

映画「ずっと、いっしょ。」79名

 

音響及び照明を担当する中学生
音響及び照明を担当する中学生

 

司会を担当する小学生
司会を担当する小学生

 

刈谷会場の様子
刈谷会場の様子です。

 

 

 

 

上映会は全8会場18上映を行い、有料対象の小学生以上で800人以上を動員。

うち、小学生以上の未成年の子どもたちは200名でした。

乳幼児を合わせると、900人以上の方に足を運んでいただくことができました。

 

 

また、9月2日(土)にこの映画プロジェクトのシェア会を開催しました。

 



収支のご報告!

 

皆様からいただいたご支援は、以下の経費に使用させていただきました。

 

 

施設使用料

 

施設利用料に112510円を使わせていただきました。

 

安城市のアンフォーレ会場使用料が16020円。

一宮市の尾張一宮駅前ビル i-ビルの大会議室使用料が25400円。

碧南市の南部市民プラザが2590円。

豊川市の長沢市民会館が9200円。

名古屋市緑区の緑生涯学習センターが9000円。

刈谷市の産業振興センターが37800円。

シェア会を行った産業振興センターが12500円でした。

 

なお、名古屋市総合社会福祉会館と豊田市教職員会館については無償をお貸しいただくことができました。

 

 

広告費

 

2万枚のチラシ印刷料、デザイン料、各地の支援者へのチラシ郵送料で110310円を使わせていただきました。

 

チラシ表
チラシの表面

 

チラシの裏面
チラシの裏面

 

人件費

 

スタッフの昼食代や飲み物代、交通費、駐車場代、会場担当者へのお礼などに192376円使わせていただきました。

会場担当者さんは、会場の準備、チラシの配布依頼、各地域の教育委員会の後援依頼などを行っていただきました。

 

刈谷会場にて。すべてのスタッフと一緒に。
刈谷会場にて。今回ご支援いただいたスタッフ様と共に。

 

 

子供の上映会招待

 

未成年の子どもたち200人の参加費(1名500円)で100000円。

なお、夏休み中は上映会半額キャンペーンということになり、本来必要だった額の半分で済みました。

 

 

機材レンタル費用

 

レンタル機材は返送料を含めて32760円。

プロジェクター1台(予備プロジェクター含む)、ブルーレイプレーヤー、DVDプレーヤー、スピーカーシステムをレンタルしました。

 

8会場はそれぞれ、施設のコンディションが異なります。

また、事前のリハーサル(試写)を行うことができません。

そのため、いかなる状況にも対応できるように準備いたしました。

 

 

サブ会場にかかる費用

 

2台の機器を借りことで、サブ上映会場を作りました。

赤ちゃんがいるお母さんが落ち着いて鑑賞できるように配慮しました。

なお、施設費にはサブ会場の料金が含まれております。

 

サブ会場に用意した絨毯のクリーニング代に3024円使用しました。

なお、フロアマットについては支援者様より寄付をしていただきました。

サブ会場用の上映DVDレンタル代が6000円。

 

サブ会場の様子
サブ会場の様子。絨毯やマットを敷いて、赤ちゃんはゴロゴロ…♪

 

 

印刷及び備品代

 

アンケートなどの印刷に6235円、封筒や箱、筆記具などに1468円を使用しました。

 

 

また、チケットの半券代わりに使用しました手書きのメッセージカード(全1000枚)及びクラウドファンディング支援者様用の名札を書いていただいた心書家の皆様にお礼及び経費として、32484円お支払致しました。

 

597167円を支出しました。

これらの支出は、皆様からいただいたご支援715000円からREADYFORさんの手数料131274を差し引いた583726円を用いさせていただきます。

 

 

赤字分につきましては、大人のチケットの売り上げより充当させていただきました。



リターンについて

 

クラウドファンディング様用の名札
クラウドファンディング支援者様用の名札


クラウドファンディング支援者様用の名札を会場に準備いたしました。

なお、お渡しできなかった方は、後日お会いできた際にお渡しできればと考えております。

 

また、すべての支援者様にお礼のメールを送らせていただきました。

その際、お礼の動画リンクを記載させていただきましたが、改めてこちらの報告にも、記載させていただきます。

 

10分ほどの動画です。

ご覧いただければ幸いです。

 

https://youtu.be/Pg0CeZxE3vY

 

また、ワークショップや交流会にご支援いただいた支援者様には、別途ご連絡を差し上げますので、よろしくお願い申し上げます。

 

 

これから

 

このプロジェクトは、「9月1日は子どもの自殺が最も多い日」というニュースを目にしたことからスタートしました。

 

 

そのときに僕が感じた違和感。

あれだけ騒がしかったのが、急に静かになってしまう。

 

 

「9月1日」前後だけの盛り上がり。

これが、子どもを取り巻く現状だと感じました。

 

 

「9月1日」をテーマにしながら、本当に伝えたかったのは「大切なのは9月1日ではない」というメッセージです。

 

 

家庭は子どもたちのプラットフォームです。

家庭が安定し、子どもたちにとって憩いの場所であることが、何より子どもたちの心の安定につながります。

 

 

これは16年間、中学校で「学校の先生」をしてきた僕の結論です。

大切なのは、365日の対話です。

 

 

子どもの心の安定は、家庭とともにあります。

 

 

さて、先日「児童虐待が増加している」というニュースを拝見いたしました。

ちょうど去年の同じころは、「9月1日は子どもの自殺が最も多い日」というニュースを目にしました。

 

 

今度は、この問題に取り組みます。

 

 

 

家庭をハッピーな場所にする。

教室をハッピーな場所にする。

 

 

それが、僕の仕事です。

たくさんのご支援ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています