プロジェクト終了報告

2017年09月05日

大切なのは9月1日ではない!

プロジェクトが終了しました。


昨日、9月2日(土)。

刈谷市産業振興センター小ホールにてプロジェクトのシェア会及び報告会を行いました。

これをもちまして、本プロジェクトが終了いたしましたことをご報告させていただきます。

たくさんのご支援、本当にありがとうございました。
 

 

8月13日(日)名古屋市(北区)

会場:名古屋市総合社会福祉会館

 

司会をしてくれた子どもたち
司会をしてくれた子どもたち

 

北区会場の受付
北区の会場の受付


8月15日(火)安城市

会場:アンフォーレ

 

安城会場のスタッフの皆さん
安城会場でスタッフをしていただいた皆様との1枚

 

 

8月17日(木)一宮市

会場:尾張一宮駅前ビル i-ビル
 

一宮会場のスタッフの皆様
一宮会場のスタッフの皆様with子どもたち

 

8月20日(日)碧南市

会場:南部市民プラザ
 

碧南会場のスタッフの皆様
碧南会場をお手伝いいただいた皆様

 

8月21日(月)豊川市

会場:長沢市民会館
 

 

8月22日(火)名古屋市(緑区)

会場:緑生涯学習センター

 

映画上映会の様子
緑区会場の映画上映会の様子

 

8月24日(木)豊田市

会場:豊田市教職員会館

 

豊田会場のサブ会場の様子
豊田会場のサブ会場の様子

 

8月26日(土)刈谷市

会場:刈谷市産業振興センター

 

音響及び照明を担当する中学生
音響及び照明を担当する中学生

 

司会を担当する小学生
司会を担当する小学生

 

刈谷会場の様子
刈谷会場の様子です。

 

全8会場18上映を行い、有料対象の小学生以上で800人以上を動員。

うち、小学生以上の未成年の子どもたちは200名でした。

 

 

終わりは次の始まり♪

 

このプロジェクトは、「9月1日は子どもの自殺が最も多い日」というニュースを目にしたことからスタートしました。

 

 

9月1日を過ぎると、あれだけ騒がしかったSNSやメディアが、急に静かになってしまう。

「9月1日」前後だけの盛り上がり。

 

 

これが、子どもを取り巻く現状だと感じました。

 

 

「9月1日」をテーマにしながら、本当に伝えたかったのは「大切なのは9月1日ではない」というメッセージです。

 

 

家庭は子どもたちのプラットフォーム。

家庭が安定し、子どもたちにとって憩いの場所であることが、何より子どもたちの心の安定につながります。

 

 

これは16年間、中学校で「学校の先生」をしてきた僕の結論です。

大切なのは、365日なのです。

 

 

そんな折、「児童虐待が増加している」というニュースを拝見しました。 

今度は、この問題に取り組みます。

 

 

家庭をハッピーな場所にする。

教室をハッピーな場所にする。

 

 

それが、僕の仕事です。

たくさんのご支援ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。