こんにちは、ACE田柳です。

 

先ほどの投稿でご紹介したように、今日は「世界フェアトレード・デー」です。

そんな今日は、「フェアトレード・イノベーション」を目指す株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ代表取締役の入江英明さんからいただいた応援メッセージをご紹介します!

 

入江さんには今回のプロジェクトで、5万円の寄付の返礼品となっている「オーガニック&フェアトレードコットンブックカバー」をご協賛いただいています。

また、過去には100%オーガニック&フェアトレードのファッションブランドNo NastiesのチャリティーキャンペーンでTシャツの販売の一部をACEの「ピース・インド プロジェクト」にご寄付いただき、プロジェクトを応援いただいてきました。

 

インドにもオフィスを構え、製品の企画から現地工場の生産指導や検品など自ら監督し、生産者と直接つながって適正な価格を実現されています。

 

===================================

 

入江さんと農家のみなさん

 

5年で25万人が自殺。借金苦で自殺に追い込まれたインドの農家の現状です。実に30分に1人が命を絶っていることになります。また、このうち約7割が綿花農家で起きていると言われています。

日本ではあまり知られていませんが綿花を栽培するには大量の農薬が必要になります。

インドの綿花の農地面積は全体のたった5%ですが、インド国内で使用されるすべての農薬の約55%が綿花栽培に使用されています。その為綿花農家は高金利のローンを組んででも農薬を購入せざるをないのです。更には農村部では学校教育を受けておらず、識字率も低いことから騙されて契約してしまうケースも多いと聞きます。ACEさんの活動はまさに農村部での教育レベルの向上に繋がり、インドの綿花農家の悲劇を確実に減らすことができるのです。

 

当社(以下FCI)もACEさん同様にインドの綿花農家を支援しています。

大量に農薬を使用する従来型の栽培をやめ、オーガニックやフェアトレード認証に切り替えた綿花農家からコットンを買い上げ、糸や製品にして日本に輸入し大手企業向けに販売を行っています。「国際フェアトレード認証」されたコットン製品の国内シェアナンバーワン企業でもあります。

またFCIは綿花農園から日本に輸入するまでの全てのサプライチェーンにおいて「国際フェアトレード認証」及びオーガニックコットンの国際基準である「GOTS」を取得しています。これは日本企業としては初となります。

例えば今回のブックカバーの内側にも国際フェアトレード認証製品であることを証明するマークが縫い付けられています。


今後も「フェアトレード&オーガニックコットン」がもっと身近になり、多くの需要を創出できるよう商品開発を進めていきます。

 

入江英明

 

https://www.fairtradecottoninitiative.com/

 

===================================

 

入江さん、ありがとうございます!

 

入江さんの活動からは、インドのコットン生産者のことを想って事業を行われていることが伝わってきます。そんな入江さんの想いがつまった製品もぜひ上記ホームページからご覧になってみてください!

 

5万円のご寄付の返礼品となっている

オーガニック&フェアトレードコットンブックカバー

 

(5万円の返礼品セット)

■オーガニック&フェアトレードコットンブックカバー(1つ)
■絵本「とりがおしえてくれたこと」*1
■オーガニックコットンの種+育て方説明書
■イベントご招待 *2
■サンクスカード
■メールマガジン配信

 

 

みなさん、素敵な世界フェアトレード・デーをお過しください。

 

ACE田柳

新着情報一覧へ