非戦の平和主義を大切にしたいと思っていても
何をどうすればいいのか全くわかりません。
思いつきで始めてしまいました。

ただ周りの人には優しい人間でありたい。
念仏のようにお金お金と言いながら
どこかでだれかが悲しい目にあって苦しんでいても
世間全体が残酷な方向に進んでいても
金だけ今だけ自分だけ、と素知らぬ顔をするのが大人。

いやいやそうでもないよ、と示したい。

子供たちや未来を担う世代にこんな大人もいるよと
興味を持ってもらえるような何かができたらと。

非戦の平和主義という理想は決して愚かな信念ではなく
戦争犠牲者たちが示してくれた人類の進むべき未来です。

戦争の爪痕からは
新たな戦争に意欲を燃やすことよりも
人間が人間を大量に殺すことの
悲しさや苦しさが伝わってきます。
どうして人類ってこういうことを繰り返すんだろう、
と諦めちゃダメだ。

貨幣経済に支配されて働くことに疲れて
幸せについて考えることも出来ない現状を
何とか変えられるとしたら変えてみたい。
それは自分ではない誰かと大切な何かを
分かち合い支え合うことなんじゃないかと思いました。

そんな行為はお金にならないけど
お金で買えないものが伝わります。

国家や政治家に任せていればいつか良くなると信じていることがいかに危険か
そんなことだけを思い知って死にたくない。子供たちを死なせたくない。

この一人芝居を公園でやり始めて
色んなことがあり色んな人と会いました。
ヒロシマの映像を作れたのも偶然の積み重ねだけれど
きっと何かの必然があったんだと思います。
今生きていることもきっと何かの必然です。
自分を特別な人間と思いたいんじゃなくて
当たり前の人間として生きたいと思いました。

非戦の平和主義が戦争の連鎖を止める。
貨幣経済だけのために人類が争わない未来。
そんなものが見てみたくなっただけです。
特別じゃなくてそれが当然であり自然であり宇宙の真理です。
貨幣で動かされるのは人間だけ。
その不自然な断絶がいろんな真理を破壊するのだと思います。

非戦の平和主義ってすぐそこにある自然なことなんだと思います。
搾取するより分かち合う方が幸せですよ。
新着情報一覧へ