嬉しいです。同時に身が締まる思いがします。
今は他界した演技の師、中康治が着ていた道着を着て臨みます。
触れるのも気後れするほどの遺品ですが
背中にはArticle 9、 左右の胸には非戦と九条を刺繍させていただきます。
資本主義や戦争経済の中心地であると同時に
多種多様な文化や芸術、狂気と凶器の混在する街です。
狂人として凶刃に倒れるかもしれませんが
子どもたちが死ぬかもしれない「国づくり」を
黙って見過ごせない役者の生き様です。
使命って、凡人にも与えられるんですね。
今いろんなことを思い出してひしひしと
感じています。 合掌
新着情報一覧へ