READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
寄付金控除型
成立

あしながサンタX'masプロジェクト2022

新潟県フードバンク連絡協議会

新潟県フードバンク連絡協議会

あしながサンタX'masプロジェクト2022

寄付総額

1,330,000

目標金額 4,000,000円

寄付者
128人
募集終了日
2022年12月24日
プロジェクトは成立しました!

プロジェクト本文

 

ひときわ世間との格差を感じるクリスマス

ひとり親家庭に、笑顔を

 

はじめに・ご挨拶

 

ページをご覧いただきありがとうございます。私たちは新潟県内20のフードバンク地域組織が連携する新潟県フードバンク連絡協議会と申します。

2020年4月に発足。同月にコロナ禍で生活に困難さを抱えたひとり親家庭への食品や衛生用品の緊急支援を行うために『新型コロナ緊急対策 子どもの未来応援プロジェクト』をスタート。今日まで継続的に、行政や社協、母子連や子ども食堂など、多様な組織と連携するフードバンクの活動基盤を軸に"子どもの貧困"対策に取り組んでいます。 

 

 

活動開始から3年目。長期化する新型コロナウイルス感染症拡大や昨今の物価高騰の影響などにより、社会的孤立や経済的困難により日常生活が失われたひとり親家庭等からのSOS(援助申込)は右肩上がりに増加し、現在全県で6,500世帯のご登録を超え、年間の提供食品量は400トンに達しています。

 

 

当初はとにかく食品や衛生用品の緊急支援に取り組んでおりましたが、長引くコロナストレスにより精神的不調や自傷・自殺が増加したことで、すぐにメンタルケアにも合わせて取り組み、食を通じて子どもの命や育ちを支えるとともに、親子の不安やストレスの軽減を図る活動に深化して参りました。

 

 

 

過去プロジェクトの御礼・報告

 

2020年度、2021年度と『あしながサンタX’masプロジェクト』2回のクラウドファンディングを実施し、全国よりたいへん多くの皆さまからご支援をいただくことができ、両年共に400万円という目標金額を達成することができました。本当にありがとうございました。

 

皆さまからのご支援のおかげで、2か年で延べ4,500世帯を超えるひとり親家庭の子どもたちにクリスマスケーキを贈ることができました。あしながサンタさんからクリスマスプレゼントを受け取られたご家庭からは、多くの丁寧な感謝のメッセージやケーキを囲んだ素敵な写真が寄せられました。

 

いただいた全てのメッセージをご紹介したいところですが、スペースが限られているので、いくつかに絞ってご紹介させていただきます。

※写真の掲載は様々な事情に配慮し、掲載を控えさせていただきますことをご容赦いただけますと幸いです。

 

☆彡あしながサンタさんへ...

 

💌クリスマスケーキやジュースありがとうございました✨美味しく頂きました!子どもの未来応援プロジェクトという支援があり感謝しております。自分も困ってる人達に何か出来ないかなぁ、など考えるきっかけにもなりました。私もできる事があれば行動したいと思っております。本当にありがとうございました!!

 

💌クリスマスケーキ等ありがとうございました。息子にホールケーキを見せたら、ロウソクつけて〜とお願いされ、終始にこにこルンルンで楽しいクリスマスを過ごせました。本当にありがとうございました。

 

💌クリスマスのケーキありがとうございました!いちごが大好きな息子は大喜びで楽しく飾り付けをし、美味しいねと言ってニコニコ食べていました。普段あまり大きなケーキを食べられないので、記念にとお気に入りのうさぎちゃんと写真を撮り、満足気でした🐰素敵なクリスマスの時間をありがとうございました🎄✨

 

💌ケーキありがとうございました。久しぶりのホールケーキに子供達がとても喜んでいました。うちの子供達は、もう大きくなり必要ないかなと思ったのですが、小さい時にホールケーキを食べなかったからかすごく喜んでいて、私も驚きました。あしながサンタさんには心から感謝しています。本当にありがとうございました。

 

💌クリスマスケーキ、無事に頂きました。昨年も含め、このような機会を頂き、またたくさんの善意とご理解から私たち家族にもサンタさんがやってきました。雪降り積もってきた夜に引き取りましたが、素敵なホワイトクリスマスになりました。

 

💌クリスマスケーキをありがとうございました。立派なホールのケーキで子供たちと美味しくいただきました。

子供たちも自分でいちごを飾り付けたりろうそくをともしてお誕生日みたいにふ~っと消したりとっても楽しそうでした。クリスマスを楽しく過ごすアイテムとして我が家に彩りを添えてもらえて大変感謝しています。ケーキもとっても美味しかったです。

 

💌今年もクリスマスケーキのプレゼントをありがとうございました🙏クリスマスケーキを家族3人で仲良くシェアして頂きました😋私と高校生の愛娘2人は笑顔でクリスマスを迎える事ができました🥰とても幸せな時間を頂けた事に心より感謝申し上げます🙇‍♀️あしながサンタクロース様から頂いた幸せな気持ちは私達家族にとって、かけがえないのない宝物になりました💕

 

💌今年も美味しいクリスマスケーキをありがとうございました。3歳になった子どもも、ケーキの上に乗っていたサンタさんに大喜びし、食べてはあまりの美味しさに「これ、めっちゃ美味しい!」と一声かけあげると、そこからは一言も発さず無我夢中に食べていました。今年も楽しいクリスマスを過ごさせていただきまして、本当にありがとうございました。良いお年をお迎えください。

 

💌この度は、ケーキありがとうございました。お陰で素敵なクリスマスを迎えることができました。子供も喜んで美味しく食べていました。生活が厳しい中ですが、皆様に支えられていつか私も恩返しができたらと思います。ありがとうございました。

 

 

以上。寄せられたメッセージの一部を紹介させていただきました。

 

ひときわ世間との格差を感じるクリスマスに、あしながサンタX’masプロジェクトを通して皆さまの温かなご支援をいただいたことで、温かな団らんでクリスマスケーキを囲む親子の笑顔だけでなく、「たくさんの人が応援している!ひとりじゃない。」というエールにも支えられ、「今度は私たちが恩返しできたら…」との思いもたくさん受け取らせていただきました。

 

このプロジェクトを通して、コロナ疲れの子どもたちやご家族に笑顔とエールを届けるとともに、社会総動で子どもの未来を応援していることを、不安を抱える多くのひとり親家庭の親子に伝え、SOSが出しやすい、安心して子育てができる社会づくりに寄与したいと思います。

 

また、「どの子も大切にされなければならない。ひとりの例外もなく。」という目標に対し、「社会的弱者である子どもを、本当に “ひとりの例外もなく” 大切にできていると云えるのか。」という問いに大人として真摯に向き合い、当会に日々寄せられる悲痛な叫びに皆さま方とともに寄り添い、誰ひとり取り残されることのない社会の実現に向け、活動を深化させていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。どうか温かいご支援をお願いいたします。

 

 

お預かりした志金の主な使い途

 

①クリスマスケーキ購入(今年度目標3,000個)

②プロジェクト広報チラシ・ポスター印刷

③クラウドファンディング等の手数料

※皆さまからのご支援金は上記の活動に必要な費用に充てさせていただきます。仮にご支援金が目標金額に届かない場合でも、プロジェクトは自己負担や助成金等により資金の確保を図ったり、支援総額に応じて当選件数を調整するなどして可能な限りの規模で実施いたします。

 

 

あしながサンタ X'masプロジェクト2022詳細

 

長期化する新型コロナウイルス感染症拡大や物価高騰の影響などにより、少なく無いひとり親家庭では社会的孤立や経済的困窮が固定化し日常生活が失われていることに加えて、物入りの年末年始や就学前準備等の支出が家計を圧迫して苦しくなる今の時期、クリスマス支出の余裕もなく、より一層社会的・経済的格差に晒されて辛い年末を迎えます。

 

そこで当会では、新潟県内のひとり親家庭の子ども達に、クリスマスのひと時に家族団らんを彩るクリスマスケーキを贈ることで、あしながサンタさんからのエールを取り次ぎ、子どもや家族に笑顔を届けるとともに、人とのつながりや未来への希望を感じられる社会づくりに寄与して参りたいと考えています。

 

《プレゼント内容》

①1世帯につきヤマザキ クリスマス生ケーキ4号を1個(あしながサンタさんより)

②1世帯につきオレンジジュース1.5Lを1本とお持ち帰り袋1枚(株式会社セブン-イレブン・ジャパンさんより)

③1世帯につきお菓子「ちょいパクラスク」を1袋(山崎製パン株式会社さんより)

 

 

抽選により対象家庭を選定

 

以下すべての条件を満たした応募家庭より抽選(先着順に随時抽選)

①頼り先の少ないひとり親家庭(※1)もしくは相当状態家庭(※2)の方

②児童扶養手当受給もしくは相当水準収入の方(※3)

③未成年もしくは大学生等(※4)を扶養する家庭

④生活費が厳しく、子どもに充分なクリスマスの提供が困難な家庭

⑤公式LINEにてケーキを囲んだ家族写真とメッセージを投稿してくださる家庭

 

※1 親兄妹、パートナー等から生活援助を受け生活が安定している状態ではないご家庭

※2 DVや離婚協議状態などで避難中・別居中・離婚前で、尚且つ、夫や身内等からの養育費・生活費の援助がほとんど無い方

※3 相当水準はご自身の判断で結構です。児童扶養手当(全部・一部)の受給は、ご利用の必須条件ではありません

※4 大学生等とは、専門学校生、予備校生、進学を目的とした浪人生を含みます

 

選定の過程で、子どもの未来応援プロジェクトLINE公式アカウントのトーク画面より、実存証明書類等の提示をお願いする場合があります。

 

 

税制上の優遇措置について

 

本プロジェクトへのご寄付は、当会事務局の認定NPO法人くびき野NPOサポートセンターを通して、2023年分の所得控除としての寄附金控除、若しくは税額控除の適用を受けることができます。(最大で寄付額の4割程度を所得税から控除等)

 

■詳しくは国税庁及び内閣府ホームページをご覧ください。・国税庁:No.1263 認定NPO法人に寄付をしたときhttps://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1263.htm・内閣府:寄付に伴う税制上の優遇措置 https://www.npo-homepage.go.jp/kifu/kifu-yuuguu

■領収書発行の注意事項領収書の発行には、寄付者のご住所、お名前が必要です。

・発行する領収書の宛名はREADYFORアカウントにご登録の氏名となります。

・領収書発送先はREADYFORアカウントにご登録の「リターン/ギフトの発送先ご住所」にお送りしまとなります。

・領収書の日付は、寄付金がREADYFORから当団体へ入金となる2023年3月以降になります。3月から順次送付予定です。

■READYFORから私たちに振り込まれる口座につきましては、「認定NPO法人くびき野NPOサポートセンター」が開設している「にいがたこども未来基金」様のものとなります。

 

 

その他

 

○ご支援いただくにあたってのご留意事項ご寄付確定後の返金やキャンセルは、ご対応いたしかねますので、何卒ご了承ください。

○寄付金領収書の名義・発送先は、原則としてご寄付時に入力いただいたお届け先の宛名と住所となります。

なお、ご寄付完了後に上記情報を変更することはできず、のちにアカウント情報を変更された場合でも、ご寄付時に入力されたお届け先の宛名と住所は変更されません。

○個別にご連絡をいただかない限り、ご寄付時に入力いただいた宛名と住所に寄付金領収書をお送りさせていただくことになりますのでご注意ください。

○ご寄付完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

 

■必要金額:8,000,000円
■必要金額の使途および実施内容:新潟県内のひとり親家庭生活困窮世帯の子ども達に、あしながサンタさんからのクリスマスケーキプレゼントを通して笑顔とエールを贈ることで、社会との繋がりや信頼を醸成する取り組み。

※本プロジェクトは、支援総額が期日までに目標金額に届かなかった場合でも、目標金額分を自己負担するなどして、必ず上記の実施内容の通り実行致します。

プロジェクト実行責任者:
新潟県フードバンク連絡協議会 会長 山下浩子
プロジェクト実施完了日:
2022年12月24日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

長期化する新型コロナウイルス感染症拡大や昨今の物価高の影響などで、社会的孤独・孤立や経済的困難に陥り、日常生活が失われた新潟県内のひとり親家庭の子どもたちに笑顔とエールを贈るため、3,000世帯を目標にクリスマスケーキをプレゼントします。 募集は当会が食品や日用品の提供情報の窓口として利用している『子どもの未来応援プロジェクトLINE公式アカウント』登録者5,000世帯の他、母子連や子ども食堂等連携団体のネットワークを通じてご案内します。 資金の使途はクリスマス生ケーキ購入費やポスター・チラシの印刷費、各種手数料等に使わせていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
クリスマスケーキ3,000個のプレゼントに必要な金額は800万円。 その内、クラウドファンディングで半分の400万円を調達希望。 差額の半分400万円は街頭募金や現金寄付により補完します。 仮にご支援金が目標金額に届かない場合でも、プロジェクトは自己負担や助成金等により資金の確保を図ったり、支援総額に応じて当選件数を調整するなどして可能な限りの規模で実施いたします。

プロフィール

新潟県フードバンク連絡協議会

新潟県フードバンク連絡協議会

新型コロナウイルス感染症拡大下、社会的孤独・孤立や経済的困窮により日常生活が失われたひとり親家庭などからフードバンクに対する支援の要請が急増したことを受け、2020年4月に新潟県フードバンク連絡協議会を発足。同年5月から『新型コロナ緊急対策 子どもの未来応援プロジェクト』を開始。 2022年11月現在、県内のひとり親家庭約6,500世帯に、直接・間接的に毎月約30~40トンの救援物資をお届けし、食を通じてこどもの命や育ちを支えるとともに、親子の不安やストレスの軽減を図る活動に取り組んでいます。

ギフト

5,000+システム利用料


alt

5,000円

①お礼状と領収書をPDFファイルにしてメールでお送りします。
②クリスマスケーキを受け取られたひとり親家庭おやこからのメッセージをご報告します。
③この活動のオンライン報告会(ZOOMミーティング)にご招待いたします。

寄付者
72人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

10,000+システム利用料


alt

10,000円

①お礼状と領収書をPDFファイルにしてメールでお送りします。
②クリスマスケーキを受け取られたひとり親家庭おやこからのメッセージをご報告します。
③この活動のオンライン報告会(ZOOMミーティング)にご招待いたします。

寄付者
44人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

30,000+システム利用料


alt

30,000円

①お礼状と領収書をPDFファイルにしてメールでお送りします。
②クリスマスケーキを受け取られたひとり親家庭おやこからのメッセージをご報告します。
③この活動のオンライン報告会(ZOOMミーティング)にご招待いたします。

寄付者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

50,000+システム利用料


alt

50,000円

①お礼状と領収書をPDFファイルにしてメールでお送りします。
②クリスマスケーキを受け取られたひとり親家庭おやこからのメッセージをご報告します。
③この活動のオンライン報告会(ZOOMミーティング)にご招待いたします。

寄付者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

100,000+システム利用料


alt

100,000円

①お礼状と領収書をPDFファイルにしてメールでお送りします。
②クリスマスケーキを受け取られたひとり親家庭おやこからのメッセージをご報告します。
③この活動のオンライン報告会(ZOOMミーティング)にご招待いたします。

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

500,000+システム利用料


alt

500,000

①お礼状と領収書をPDFファイルにしてメールでお送りします。
②クリスマスケーキを受け取られたひとり親家庭おやこからのメッセージをご報告します。
③この活動のオンライン報告会(ZOOMミーティング)にご招待いたします。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

1,000,000+システム利用料


alt

1,000,000円

①お礼状と領収書をPDFファイルにしてメールでお送りします。
②クリスマスケーキを受け取られたひとり親家庭おやこからのメッセージをご報告します。
③この活動のオンライン報告会(ZOOMミーティング)にご招待いたします。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

プロフィール

新型コロナウイルス感染症拡大下、社会的孤独・孤立や経済的困窮により日常生活が失われたひとり親家庭などからフードバンクに対する支援の要請が急増したことを受け、2020年4月に新潟県フードバンク連絡協議会を発足。同年5月から『新型コロナ緊急対策 子どもの未来応援プロジェクト』を開始。 2022年11月現在、県内のひとり親家庭約6,500世帯に、直接・間接的に毎月約30~40トンの救援物資をお届けし、食を通じてこどもの命や育ちを支えるとともに、親子の不安やストレスの軽減を図る活動に取り組んでいます。

あなたにおすすめのプロジェクト

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい のトップ画像

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい

ピースウィンズ・ジャパンピースウィンズ・ジャパン

#子ども・教育

継続寄付
総計
28人

注目のプロジェクト

もっと見る
NEXT GOAL挑戦中
新たなエンブレムと共に|モンテディオ山形ビッグフラッグプロジェクト のトップ画像

新たなエンブレムと共に|モンテディオ山形ビッグフラッグプロジェクト

秋葉 大河(モンテディオ山形ビッグフラッグプロジェクト実行委員会)秋葉 大河(モンテディオ山形ビッグフラッグプ...

#地域文化

177%
現在
5,330,000円
支援者
284人
残り
22日

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする