クラウドファンディングご支援いただきました皆様方へ、まずは当会を代表いたしまして、心から厚く御礼申し上げます。先月9月20日予定通り、第15次パプアニューギニア・ソワム&カオク村支援行動事業として、松村隊長他隊員7名が、成田空港より現地に赴き、支援活動を開始いたしました。

が、誠に残念なご報告ですが、当会設立以来の理事長として、また1998年以来、パプアニューギニア支援行動隊・隊長として長年に渡り、ソワム村とカオク村で、ボランテイア活動を指導してきました松村理事長が、現地滞在3日目に体調が急変し、本当に無念ですがウエワク市立病院へ搬送中に力尽きまして、村人達が見守る中、永眠しました。突然の逝去で、プロジェクトリーダーとして私、濱崎は、早急な理事長の帰国手続き他あり、急きょ予定変更し、帰国させていただきました。10月3日無事葬儀を終えることができ、本日ようやく、事業完了ご報告レポートその1アップにこぎつけることができました。ご報告が大変遅れておりますこと、ここに深くお詫び申し上げます。

 

なお、今回現地に赴き、医療奉仕活動従事をお願いいたしました看護師のTさんとSさん他3名の隊員には、その後も村に滞在継続していただき、プロジェクト続行をお願いいたしました。喪に服し、悲嘆にくれる村人達でしたが、当方の事情も理解してくれまして、とりあえずカオク村から3名の新アシスタントナースが誕生いたしました。この研修模様他、今回の活動レポートや村人からのThank you レポートは、徐々にご報告させていただきますので、今しばらくご猶予いただきたく、お願い申し上げます。まずはお詫び方々ご報告まで  合掌 ASPA事務局長 濱崎三枝子

ソワム村到着歓迎写真'17.Sep22キャプション

 

 

新着情報一覧へ