年末の慌ただしさの中でも

猫たちのお世話と管理は

年末も正月も盆もG・Wもありません。

膀胱炎の子猫は先日の検査で

問題ないとのことで

預かりのナツのお家へ移動です。

人馴れ修行に入りました。

 

ほかの子たちも投薬・点眼など

食べてくれない預かり猫さん・・・

頭が痛いです。

 

今日のにゃんこ

名まえ;想ちゃん

 

想ちゃんは妹の優ちゃんと一緒に保護しました。

かふかママが思い悩み

それでも見捨てらなかった子たち

 

保護当時は体中にノミが走っていた

ガリガリで優ちゃんは凄く小さかった

高熱が何日も続いたし

真菌も全然治らない

眼瞼内反症になっちゃうし

 

愛おしい兄妹たちは

家族ができ穏やかな時間を過ごしていした。

想ちゃんは優しくて

小さい子の面倒をよくみてくれた

お父さんだ大好きでついて歩いたた。

 

シアワセは長い時間が続けば

そんな良いことはない

だけど、いかにシアワセだったか

どんな風に愛されたか

家族として・・・

過ごしてきたのか

 

ふたりの兄妹はエイズ陽性と

わかった上で家族に迎えてもらいました。

 

<回顧録>

 

新着情報一覧へ