さきほど、残り30時間のところで達成することができました。

応援いただきました皆さま、ありがとうございます。

プロジェクトメンバー一同、感謝申し上げます。

 

リハビリという個人的な営み、それもマラソンでの記録追求という

奇特なアクションに対し、多くの支援が集まっていることに、

少しの驚きと改めて、多大な感謝でいっぱいです。

 

今回のプロジェクトに対する皆様のご支援を通して、

クラウドファンディングという夢を共有し励まし合う新しい扶助の形は、

孤独になりがちな挑戦を暖かなものにしてくれるのだと知りました。

私自身、リハビリに関わる者として大変勇気づけられています。

 

可能性を諦めないこと、あらゆる手を尽くすこと、

これがリハビリの根源にある精神です。

 

千葉さんはランナーとしてだけでなく、生活者、労働者としても

このプロジェクトを通して多くのことを学ばれ、

新しいステージに進まれています。

 

メンバーがそれぞれの専門領域でコミットしていくと、

それらを受けてご当人が自律的・合目的的に行動されていく。

その姿はただただ心を打ちます。

心身の機能のみならず、考え方・生き方に変化があるということは、

「re-habilitation=新しい習慣形成・環境への再適応」ということばを

体現しているようです。

 

クラウドファンディングの達成により、実現することとなりました講演会では

そうした変化のプロセスも是非お伝えしたいと思います。

 

また、『B−SUB4 PROJECT』自体は、まだまだ続いていきます。

東京マラソン2018におけるフルマラソン完走に向けて

日々のリハビリ・トレーニングに加え、

この活動が多くの人に届けられるよう広報活動に励みます。

みなさまからのご支援はそうした活動に大切に使わせて頂きます。

 

まずはあと1日、そして今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ