こんにちはー☆
ちょっと更新が遅れてしまいましたが、
プログラムの紹介をさせていただきたいと思います。
8月に好評だったプログラムをいくつか♪^^
楽しみながら、スキルトレーニングを高める取り組みとして今回はその2つをご紹介します♪
「ペア間違い探し」
これは、その名の通り、ペアで間違い探しをします。
しかし、ペアにそれぞれ渡されるものは、間違い探しのAとBの違う絵です。お互いに絵を見せてはいけません。つまり、会話をしっかりしないと間違いが分からない、というものです。《説明する能力》と《聞く能力》を養います。絵が自作だと、また子どもたちは笑いながらできるので好評です♪^^

「感情語カルタ」
こちらは、学校の先生や専門学校の大人向けにも好評な取組です。
まず最初に準備として、4人1班になります。次に、1人1枚A4の紙を8等分に切ります。
 第1ラウンドは「作る」。8枚に切ったカードに、「感情語」(うれしい、悲しい、ワクワク、など)を書きます。制限時間内にどれだけ異なるワードがチーム内で書けるかが勝負です。
 第2ラウンドは「表現」&「理解」。第1ラウンドで書かれた感情語のカードをテーブルに並べます。そして、1人ずつ順番にカードのどれかを発話せずに表現します。それを他の班員が当てる。当たったら、次の人が表現して、他の班員が当てる・・・この繰り返しで、制限時間内にいくつ当てられるかが勝負です。
以上、感情を表す言葉をたくさん学べるだけでなく、その表現方法や特徴を理解できるゲームです。
 
これらのゲームで子どもたちが喜んでいる背景には「達成感」と「理解される」という体験があるからだと思います。
ぜひ、学校でも試してみてください♪^^
新着情報一覧へ