いつも応援いただき、ありがとうございます。

このプロジェクトも残り期間が少なってきましたが、

最後まで頑張りますので、よろしくお願いします。

 

今日は、ビーハッピーの1日の終わり、終礼の様子を紹介したいと思います。

この終礼は、ビーハッピーならではの独特な時間で、障がい者の方と支援員のコミュニケーションに不可欠な時間です。

 

当社では、1日の振り返りや目標管理をするために、全員がランクアップノートというツールを使っています。

背表紙のネームプレートの黄色が障がい者、青が支援員です。

 

ビーハッピーの終礼は午後4時15分から4時30分。この間に障がい者の方たちは、今日の振り返りを記入します。短時間で書き終わらせるために、その日の出来事などをメモにとっておき、それを見ながらランクアップノートにまとめます。

目標に対する成果はどうだったか?作業中にどんな出来事があったか?気になる事はなかったか?、障がい者の方が書く内容は多岐に渡ります。書き終った人から、順に支援員に見せて内容を確認し、振り返りに対するコメントをもらいます。1週間で見開き2ページを使うのですが、交換日記のようなやり取りで、週末にはコメントがびっしり埋まります。

 

 

最初は書く事が苦手だった人も、書ける量が増えてきたり、仕事の結果だけでなく、その日の気持ちを書けるようになったり、とノートの書き方を通して、みんなの成長を感じる事が出来ます。私自身も、毎日1時間~1時間30分かけて、皆のノートを見てコメントを返しています。かなりの時間を取られますが、このノートを見る事で、ビーハッピーで働くみんなの様子を知る事ができ、迅速に対策を考える事ができるので、決して手を抜く事の出来ない、大切なコミュニケーションなのです。

 

新着情報一覧へ