厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)(神経・筋疾患分野)

「慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発」研究班

 

http://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/guide/efforts/research/kuratsune/index.html

 

 

病状の重いCFS患者では脳内に炎症という器質的な変化もみられることを、日本の研究班が世界で初めて明らかにしました。研究の推進と、治療法の開発は世界中の患者の願いです。

 

 

【研究発表】

慢性疲労症候群と脳内炎症の関連を解明
-脳内の神経炎症は慢性疲労の症状と相関する-

 

2014年4月4日
独立行政法人理化学研究所
公立大学法人大阪市立大学
学校法人玉手山学園関西福祉科学大学

 

http://www.riken.jp/pr/press/2014/20140404_1/

 

 

 

 

新着情報一覧へ