世界一周詳細 パタゴニア編

 こんにちは、石井です。期限もあと3日です。クラウドファンディングをして、多くの人に助けて頂き、また縁が広がっていくのが非常にうれしいです。旅・自転車を通じて色々な人にお会いしましたが、このように助けて頂き本当に感謝いたしますと同時に、世界一周をなんとしても達成して支援者様もとい、多くの人に旅、自転車旅の魅力を伝えたいと思います。ご支援本当にありがとうございます。

 

 そして、世界一周のルート詳細ですが今回はパタゴニア編と、ゴールのウシュアイアまでの説明です。「嵐の大地」とも呼ばれるパタゴニアは、通年低温であり、強風が吹いています。アンデス山脈によって、吹く風は乾燥しており、そのため半砂漠です。しかし、フィッツロイ、氷河、30もの国立公園と3編の中でも一番の自然風景に溢れています。

 

 アウストラル街道から、フェリーでの国境通過後、山道を突っ切りエルチャルテンという町から始まります。この町はフィッツロイの登山ルートがあります。終盤になり、日数に余裕があるか無いかにもよりますが、フィッツロイのハイキングはしようと思っています。そして、フエゴ島にいくために、リオガレゴスへ向かい、そのまま南に向かって、チリに再入国します。またまたフェリーにのり、フエゴ島に移動します。アルゼンチンに再入国してリオ・グランテを経て、遂に終点のウシュアイア(赤字)に着きます!

 

 世界最南端の町ウシュアイアに着いたときはどんな思いになるのか?行ってみないと分からないですが、いい旅だったとおもえる世界一周自転車旅にしたいとおもいます!

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています