みなさまこんにちは。
わたしたちのページを見てくださって

ありがとうございます!

クラウドファウンディングと参加者の募集がはじまり14日が経ちました。

 

たくさん応援、ご支援をいただき本当にありがとうございます。

毎日寄せられる応援の声、

そして勇気を持って申し込みをしてくださった方の声を交互に読むような毎日。
いろんな方の想いが繋がっていき形になるのがもう目前なんだなあと感じています。
しっかりしっかり、運営メンバーみんなで繋いでいきます。

引き続き応援、どうぞよろしくお願いいたします!!!


今回は私、松野恵利香の自己紹介とこの修学旅行にかける想いを綴らせていただきます!




大阪生まれ大阪育ち。

趣味は読書、カフェで永遠にゆっくりすること。
今はフィリピン、セブにある教育事業を行うNGOでお仕事をしています。

4年ほど前、友達の紹介でえりかと気合いそうな

女の子いるから会ってみて!と言われて
何かのイベントで会ったのがまほろとの出会いでした。

 

何度かお茶したり会ったりしてたけど、

お互いに”摂食障害”を経験していたと知ったのは

大分経ってからのことでした。

 


実は、小学生の頃から長い間拒食症を患っていた経験がありました。

当時の思い出はしんどかった瞬間のもの以外ほとんどない。

 


でも、しんどかった時期を乗り越えたこと。
家族や周りの人たちと一緒に乗り越えることができたこと。
それが今でも何にも変えられない、

自分の核を作る大きなものになっています。

そんなところから

「子どもたちが自分らしく自由に生きていける環境を、家庭や身近な環境から作っていきたい」

という想いを持って、それを形にするため様々な分野を勉強中です!

 


子どもに限らず誰でも、身近な環境

繋がりから自分らしく生きていける場所を作れるということを

自分の経験から、本気で信じています。

 


3年前にもまほろと摂食障害の女の子たちとの”女子会”を開催しました。

ただ”女の子”という共通点を持った子たちとの交流の場。


治したいと思えるきっかけになったと言ってくれた子、

もう一度夢を追いかけようと新しいスタートをした子、、、


身近な人との繋がりや居場所。それが人に与える影響をまた実感した瞬間でした。

 


数ヶ月前ひさしぶりに会ったまほろが、修学旅行やりたいねん!

って言った時、それ絶対やろ、ってもう即答でした。

 


まほろが思いを形にしていく瞬間がすごく好き。
そしてその空間を求めている子が絶対にいるから

一緒に届けていきたいと思う。

ただそれだけの思いで今実行委員として一緒に活動させてもらっています。


もっともっと求めている方に届いていきますように。

実行委員引き続き力を合わせて、この修学旅行を作っていきます。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!




松野恵利香

新着情報一覧へ