みなさま、こんにちは。

温かいご支援と応援の気持ちがすごく嬉しく日々感謝しております。

 

重ねて、新着情報をご覧いただきありがとうございます。

今回は修学旅行実行委員である小西の想いをこちらに綴らせていただきます。

どうかお付き合いくださいませ。

 

===========================

 

 

改めまして、小西里奈と申します。こりなと呼ばれております。

(写真を探したのですが、なかなかないものですね。笑)

普段は東京の湯島にある IT ベンチャー企業で働かせていただいています。

そんなわたしが実行委員をしている理由と、今の気持ちを書かせてください。

 

 

きっかけは、実行委員長(野邊まほろ)からのメッセージでした。

「こりなには修学旅行のお手伝いをしてもらいたいと思っている」

このメッセージが来てそれとともに

「思ってる以上に大変だと思うし私も怖い。結構お願いすることもふえそう、それで嫌われたりしないかも怖い。だけどお願いしたい。」

と言われたときに、この人に力になりたい。彼女の助けたい人たちの力になりたい。そう思ったので実行委員になることを決めました。

 

 

私は、こんなふうに、解決したいことがある人や、心動かされた瞬間を大切にしたいし、人の大切なものをみとめて尊重してあげたい。そして、それを大切にできるひとが増えたら「やさしいせかい」になるだろうなあ、なったらいいなあと日々思っています。

 

この企画を進めていく中で普段の生活と自分の理想の中で苦しんでいる人が思った以上に多いことが痛いほど分かりました。

 

わたしは、わたしらしく健やかにいたいし、目の前のひとが健やかに居られるお手伝いがしたい。そんな気持ちで今回の運営にも臨んでいます。

実行委員が、参加してくれる女の子たちが、ひいてはこの文章を読んでいるあなたが、あなたらしく時間を過ごせますように。そう願っています。

 

そして、温かいご支援や応援の言葉を頂くたびに、私まで勇気づけられるような気がしています。このあたたかさを、届けてつなげられるような修学旅行にいたします。本当にありがとうございます。

 

当日は女の子たちと、女の子であることを楽しみつつ、私らしく1人1人と向き合えるよう頑張ります!

引き続き応援よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ