高齢者自殺の動機、原因として健康問題、病気に大きなストレスを感じている

ということが一番にあげられるようです。

 

高齢者自殺者の90%以上がなんらかの身体的不調を訴え、「楽になりたい」「治らないなら死んだほうがまし」とネガティブに考え、うつへの引き金となっているようです。

 

また、これ以上迷惑をかけたくないと、家族への精神的負担に悩み自殺に至る傾向も。

 

このような心の喪失感、孤独感をいかに軽減させられるかが、私たちの考える触れ愛によるリラクセーションケアだと自負しています。

 

新着情報一覧へ