在宅医療を成功させるためにも必要な交通手段です。

 介護保険タクシーと介護タクシーの相違をご存知ですか?

介護保険タクシーとは、要介護認定者が介護保険利用して病院や買い物に利用

できます。ただし、ケアマネージャーがケアプランを立てる必要があります。

 運転者はヘルパー2級以上の資格を持ち乗降介助や医師や薬剤師の説明等の

補佐もいたします。在宅医療を成功させるためには、患者が病院へ行くための

交通手段が不可欠です。

 その為には、介護の専門家が同乗し病院等へ安心して行ける手段が必要です。患者の中には歩行困難で車椅子が必要だったり、寝たきりでステオレッチャーが

必要だったりします。

 今回は歩行困難者が車椅子に登場した姿勢で車に移動できるストレチャー対応の車を購入予定です。

 是非、ご協力ください。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています