READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

子どもたちを支えたい。子ども食堂ネットワークの立ち上げへ!

子どもたちを支えたい。子ども食堂ネットワークの立ち上げへ!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月28日(水)午後11:00までです。

支援総額

468,000

目標金額 1,000,000円

46%
支援者
20人
残り
11日

応援コメント
makiko
makiko1時間前微力ですが応援させてください。微力ですが応援させてください。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は4月28日(水)午後11:00までです。

4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

子どもたちへの支援を行う、子ども食堂自体への緊急支援が必要!

 

ページをご覧いただき誠にありがとうございます。当団体は、無料の学習支援を行うほか、災害支援、子ども食堂、フードバンク活動と、たくさんの活動を行っています。

 

2018年に、福岡市の西部地域にある子ども食堂同士で、「ふくおか西部こども食堂ネットワーク」を立ち上げました(私たちの団体も西区にあります)。それは、ほかの子ども食堂さんたちから、運営にまつわる悩みや相談を受けることがだんだんと多くなったことが、きっかけです。NPO法人いるかでは、この事務局を担当し、企業様から頂いた食品を子ども食堂へ配分したり、子ども食堂同士が情報交換をしたりして、支えあってきました。

 

タベルバ

 

そんな折、新型コロナウイルス感染症拡大が起こりました。たくさんの子ども食堂が、「子どもの見守りをしたい、でも感染拡大を前に食堂はできない」といったジレンマを抱えました。食堂の中止の措置を取らざるを得ず、とはいえ、いつまでもこうしているわけにはいかない。


中には、食品を買って配食をしたり、お弁当を作って配布したりするところも現れました。でも、一般的に子ども食堂は、資金が潤沢であるわけではありません。とうとう、子ども食堂そのものをやめるところも出てきてしまいました。私たちは、「子どもたちへの支援を行う『子ども食堂自体への緊急支援』が必要!」といった、気持ちにかられるようになりました。


そこで、これまでの「福岡市西部地域」に限ったネットワークを、「福岡市を中心とした周辺市町村」の広域に広げて”子ども食堂への支援を始めよう!”と、「ふくおかこども食堂ネットワーク」を立ち上げました。そして、子ども食堂団体の負担を減らすため、NPO法人いるかは事務局を買って出ることにしました。


今回の挑戦でいただいたご支援金は、「ふくおかこども食堂ネットワーク」の立上げ資金、事務局経費、食品購入費などとして大切に使わせていただきます。

 

今回クラウドファンディングで資金調達をしようとした理由は、助成金・補助金では使用用途が限られていて、食品が買えなかったり、立ち上げ資金としての備品が買えなかったりなど、制約が多いからです。また、助成金・補助金の申請時期も限られているので、入金いただくまでに間が空いてしまいます。参加する子ども食堂さんからは、緊急の立ち上げと稼働が待たれています。加えて、子ども食堂の現状を広く知っていただくためにも、クラウドファンディングという選択をしました。どうかあたたかいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

本当に必要なのは、事業を継続すること、
そのための仕組みづくりや、互いの連携を深めあうための情報共有

 

2020年、コロナ禍において、社会全体が閉塞感に見舞われているにもかかわらず、子ども食堂を運営する人たちは、全国的に増えています。

 

福岡県でも福岡市(+49箇所)、北九州市(+13箇所)、朝倉市(+6箇所)、の3市で計68箇所、増えました。(こども食堂全国箇所数【訂正版】別表2 NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ 2020年調査より)

 

 

しかし、子ども食堂を継続していくことは難しく、閉所を余儀なくされたところもありました。運営、経営上の悩みを抱えながらも、「子どもたちのために、美味しいご飯を食べてもらえる場をつくりたい」「地域社会に住む人たち同士で支え合い、コロナ禍を乗り越えたい」という気持ちはみな同じです。

 

中には、行政機関による助成金・補助金という資金面での援助を受ける子ども食堂さんもあったかと思います。確かに、助成金・補助金は、事業のスタートを後押しするものとして有効ですが、単発のものでもあります。本当に必要なのは、事業を継続すること、そのための仕組みづくりや、互いの連携を深めあうための情報共有です。

 

私たちは、民間のNPO法人として、「本当に困っている人たちのために活動していこう」をミッションとして掲げ、社会が必要とする事業を手掛けてきました。

 

子ども食堂分野では、福岡市ではじめて、子ども食堂のネットワークづくりをすることができました。

 

そして今、コロナ禍においても、子どもたちに安心安全な食生活を届けられるよう、さらに広い地域に向けたネットワークの構築を目指しています。

 

 

 

子どもたちのために、私たちができることを

 

今回のクラウドファンディングでは、2022年3月31日までに、備品購入、車両維持、倉庫利用、消耗品購入、食材購入などを行い、ふくおかこども食堂ネットワークの事務局として継続運営することを目指します。

 

■活動内容

 

1)ふくおかこども食堂ネットワーク立上げ
食材を保管する倉庫を借り入れ、活動を始めます。倉庫整理や、食品管理を行い、配送スケジュールを組みます。また、ネットワーク参加団体同士の交流を図ります。各こども食堂の課題や問題点を出し合い、解決・改善を目指します。


2)事務局経費
電話代など事務局にかかる経費を賄います。固定した担当スタッフが、メールや問い合わせに対応します。食品の入・出荷も管理し、入荷した食品の受け取り希望を、子ども食堂へ照会します。

 

3)食材購入
頂いたお金で食品を購入します。子ども食堂が最も必要としている米、飲料、お菓子を購入し、希望によってお届けします。各こども食堂の食材購入や保管、輸送にかかる負担を軽減します。

 

 

 

地域の人たちで温かく見守られ、成長を喜び合える地域社会へ

 

子ども食堂の大きな機能の一つは、「見守り」です。声をなかなか上げることのできない子どもたちの声を、適切な機関につないでいくことも大切な役割です。今、そうした大切な機能が失われようとしています。

 

「一人でも多くの子どもを見守りたい」という子ども食堂が持続的であるよう、機能的、資金的に応援していきます。地域や企業からのご理解もいただき、食品や運営資金の受け皿となり、運営に関するノウハウとともに提供、配分していきます。子どもも含めた家庭が、地域の人たちで温かく見守られ、成長を喜び合える地域社会を目指しています。

 

 

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

雪田 千春 NPO法人いるか ふくおかこども食堂ネットワーク 事務局

雪田 千春 NPO法人いるか ふくおかこども食堂ネットワーク 事務局

NPO法人いるか:理事長・田口吾郎。団地に住む保護者や子どもから、将来に希望が持てず、自暴自棄になり、進学を諦めるたくさんの声を聞きました。子ども支援の必要性を実感し、教育を通して将来に希望を持てる環境を子どもに提供するため、2013年NPO法人いるかねっとを設立。 2014年12月無料学習会マナビバ西区にてスタート。 2016年4月西区を中心に中学3年生対象のEL(eラーニング)開始。 2018年グリーンコープ生活協同組合や食品企業からの食品提供を受け、食料支援事業(フードバンク活動)を開始。子ども食堂・子どもの居場所を始め、福岡市内の公共団地へ向け食品提供。西部子ども食堂立ち上げ。 2019年8月NPO法人いるかねっとと有限会社いるかとが合併し、NPO法人いるかに変更。 2020年2月緊急事態を受け、オンライン学習を導入。9月ふくおかこども食堂ネットワークを設立、事務局を担当。

リターン

3,000

alt

お気持ちコース

・お礼のお手紙
・活動報告

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月
このリターンを購入する

10,000

子ども食堂ネットワーク応援コース

子ども食堂ネットワーク応援コース

・公式HPに支援者としてお名前掲載(任意)

・お礼のお手紙
・活動報告

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月
このリターンを購入する

30,000

子ども食堂ネットワーク全力応援コースA

子ども食堂ネットワーク全力応援コースA

・公式HPに支援者としてお名前掲載(任意)

・お礼のお手紙
・活動報告

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月
このリターンを購入する

50,000

子ども食堂ネットワーク全力応援コースB

子ども食堂ネットワーク全力応援コースB

・公式HPに支援者としてお名前掲載(任意)

・お礼のお手紙
・活動報告

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月
このリターンを購入する

100,000

子ども食堂ネットワーク全力応援コースC

子ども食堂ネットワーク全力応援コースC

・公式HPに支援者としてお名前掲載(任意)

・お礼のお手紙
・活動報告

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年4月
このリターンを購入する

プロフィール

NPO法人いるか:理事長・田口吾郎。団地に住む保護者や子どもから、将来に希望が持てず、自暴自棄になり、進学を諦めるたくさんの声を聞きました。子ども支援の必要性を実感し、教育を通して将来に希望を持てる環境を子どもに提供するため、2013年NPO法人いるかねっとを設立。 2014年12月無料学習会マナビバ西区にてスタート。 2016年4月西区を中心に中学3年生対象のEL(eラーニング)開始。 2018年グリーンコープ生活協同組合や食品企業からの食品提供を受け、食料支援事業(フードバンク活動)を開始。子ども食堂・子どもの居場所を始め、福岡市内の公共団地へ向け食品提供。西部子ども食堂立ち上げ。 2019年8月NPO法人いるかねっとと有限会社いるかとが合併し、NPO法人いるかに変更。 2020年2月緊急事態を受け、オンライン学習を導入。9月ふくおかこども食堂ネットワークを設立、事務局を担当。

あなたにおすすめのプロジェクト

おいでよ葛飾!ウェルカムカツシカアートプロジェクト

ウェルカムカツシカアートプロジェクト実行委員会ウェルカムカツシカアートプロジェクト実行委員会

#特産品

26%
現在
2,657,000円
支援者
21人
残り
45日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする