佐藤です。

花丸を保護しているのは、私が住んでいる御殿場市の隣の小山町(足柄山の金太郎♪の町です)に住む友人です。

静岡県に住んでいるって言うと、「お茶」や「みかん」の温かいところですよねってよく言われるのですが、標高は400m以上の場所で、冬の訪れが早く、またシーズン中には必ず積雪10cm以上が何回かある、「ぷち雪国」です。

現在、花丸は暖房設備の整った暖かい部屋にケージを置き寝起きさせています。朝晩の冷え込みが厳しくなる前に、窓に断熱効果のある包装材(ぷちぷち)を貼ったり、フリース素材の敷物を用意したりして、寒くないようにしております。花丸も快適なケージの中でのびのびと寝起きしております。

 

最近はケージから出してリハビリのため、前足や腰の部分のマッサージをしてあげると、気持ちよさそうにしています。保護している友人の服の中に入り込んで暖をとることも覚えたようで、ますます可愛いにゃんこに育ってきています。

 



雪が降るのが早すぎ(なんと、56年か57年ぶりという報道に驚いています)ですが、寒さ対策は万全にしており、12月の手術に向けて少しでも成長し、また前足の機能が回復するようにこれからもケアしていきたいと思います。

残り28日間、一人でも多くの方に花丸のことを知っていただけるよう、これからもよろしくお願いいたします。
 

新着情報一覧へ