今度は世界で凧揚げを!新しいプロジェクトを開始しました!

プロジェクトへのご支援、ありがとうございました。
無事、岩手県全ての小学校に、「ガザ: 戦争しか知らない子どもたち」を届けました。
 
 
また、本の中でも紹介されたガザと釜石をつなぐ凧揚げですが、今年も開催します。
より多くの子どもたちが凧揚げに参加し、世界が連帯できるよう、新しいプロジェクトを立ち上げました。
是非、ご支援よろしくお願い致します。
 
--------------------------------
 
ガザと釜石をつなぐ「夢と希望の凧揚げ交流会」を開催したい!
 
 

2016年3月13日(日)、岩手県釜石市にて、世界の子どもたちの絆をつなぐ凧揚げ交流会を開催します。当日子どもたちが揚げる凧の材料費や会場費、その他イベント実施に必要な資金が足りていないため、クラウドファンディングを始めました。

 

東日本大震災以来、パレスチナ・ガザ地区では日本への連帯を示すため、現地の子どもたちによる凧揚げが行われています。2014年夏には大きな戦闘に見舞われたガザですが、そんな中でも凧揚げを実施し続けてくれています。そんな彼らの気持ちを受け、2015年3月、被さい地のひとつである岩手県釜石市が、ガザ地区と合同でお互いを思いやる応援凧揚げを行いました。

東日本大震災から5年目を迎える今年の3月、再び釜石で、パレスチナ・ガザ地区と共に、世界中の子どもたちとの連携を示す凧揚げ交流会を行いたいと考え、この事業を立ち上げました。これまでに、フィリピンやハイチ、ネパール、ジョージア、イースター島などが共感し、参加を表明しています。釜石の会場では、世界各地の子どもたちが凧を揚げる姿を紹介します。

 

皆さまのご理解とご支援、よろしくお願い致します。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています