いつも温かい応援、ありがとうございます。

 

ジョイセフの小野美智代です。
世界の女性支援を呼びかける担当です。

 

1月末に立ち上がったクラウドファンディングReadyfor
「ガーナの妊産婦を守る!命を運ぶオート三輪で緊急産科ケア実現へ」

 

皆さんの応援、情報拡散のおかげで、140人の方にご支援いただき、
目標金額185万円を越えました!

 

スタッフ一同、歓喜で沸いています。
本当にありがとうございます。

 

(写真の手前一番右が小野です)

 

このクラウドファンディングを始めてから、
現在妊娠中の方や、出産をご経験された女性、
出産に立ち会った男性などからも
多くの共感の声、賛同アクションをいただきました。

 

応援メッセージを読みながら、私も、2人の娘の出産した日のことを振り返りました。

 

夜中に陣痛が始まって、
夫の運転する車に乗り、15km先の産院までは正味10分で到着しました。

 

舗装されているのが当たり前の日本の道路からは、
想像しがたいガーナの状況。
端的に一言で表せないほど、
ガタガタ・でこぼこしている険しい赤土の道が続きます。
15km先の施設に
たとえオート三輪で向かったとしても、、
到着までは日本の3倍、4倍の時間がかかると見込まれます。

 

私がガーナで妊娠したら分娩の日をどう迎えただろう・・・
現地から届いた映像を見ながら想像しただけでもぞっとしました。

 

病院までの「アクセス」。
自分ではどうにもできない状況を想像してみてください。
オート三輪が、ガーナのこの町に届くことで多くの妊婦さんを運ぶことができます。

 

いよいよ終了まで【あと6時間】!!

 

今から追加でご支援いただいた寄附は、
タイヤがパンクした時用の「スペアタイア」を買う費用に充てます。

 

最後の応援をどうぞよろしくお願いします。

新着情報一覧へ