プロジェクト概要

 

タイのコンケン市でビジネスマナー講座を開き、

タイ人ろう者の方々に自立した生活を送ってもらいたい


こんにちは!久保潤一郎です。今までタイ語とタイ手話ができることを生かし、個人的にろう者の友人の通訳などの手伝いをしてきました。その特技を活かして、もっとたくさんのタイ人ろう者を助けたい!と思い、今回ビジネスマナー講座プロジェクトを立ち上げることにいたしました。


「ろう者はやる気がない」「ろう者でも筆談で会話できるだろう」たくさんの間違った認識の中、教育を受けられなかったタイ人ろう者の多くが、仕事ができないというレッテルを貼られてしまいがちです。

 

弱い立場にあるタイ人ろう者が安定した仕事を得て、自立した生活を営めるようになることを目指し、2016年8月、タイ人ろう者に向けたビジネスマナー講座を開設する財団を立ち上げようと準備を進めています!

 

そして今回財団の立ち上げ費用、40万円を皆さまの温かいご支援でまかなえたらと思います。皆様のご支援が、タイ人ろう者の未来を切り開きます。ぜひご支援お願いいたします!

 

タイにおける聴覚障害者数は1万4000人

しかし半数は教育を受けていません

 

タイ人ろう者の友人ができたことをきっかけに、ろう者の置かれる状況を詳しく知るようになりました。タイ人ろう者はマナーについて教えられる機会が殆ど無く大人になっていきます。

 

タイ人ろう者の親で手話ができる人はほとんどいません。そのため、食事が与えられるだけでほとんど放置の状態で子供時代を過ごします。善悪についても教えられる機会が殆ど無く、怒られても怒鳴られても、なぜそうされているのか理解できません。

 

また、タイには教育を必要とする聴覚障害者の数が約1万4000人いるが、半数以上が何らかの理由で就学をしていないと言われています。これは貧富の格差、医療事情、障害に対する認識・情報不足など、発展途上国特有の事情によるものと考えられています。また、タイ全体では成人も含めると30万人ものろう者がいるようです。

 

「ろう者でも筆談で会話できるでしょう?」

それは間違った認識でした

 

私は最初、ろう者の方と筆談で話せると思っていました。しかしろう者と最初に会った時に、それができないのだと知りました。以前読んだ雑誌にこんなことが書いてあったのが印象的です。

 

「中にはよく読める人もいますが、ろう者の大多数にとって、読むことは困難です。なぜでしょうか。書かれた文字というのは話し言葉に由来するものだからです。耳の聞こえる子どもが読むことを学ぶには、紙に記されている文字を、すでに聞いて知っている音声や単語に結びつければよいのです。

 

では、あなたが外国にいて、外の音が全く遮断されたガラス張りの部屋の中にいるところを想像してみてください。その土地の言語が話されるのを聞いたことは一度もありません。毎日、地元の人があなたのところにやって来ては、ガラス越しに話しかけてきます。何を話しているかは全く聞こえません。唇の動きが見えるだけです。外の人々は、話す事柄をあなたが理解していないことに気づいて、同じ言葉を紙に書いてガラス越しに見せます。これで分かるに違いない、と考えているのです。

 

あなたはどれほどよく理解できるでしょうか。こうした状況で、相手と意思を通わせるのはほとんど不可能でしょう。なぜなら、話されるのを一度も聞いたことのない言語が文字に表わされているからです。ろう者の大半は、まさにこうした状況に置かれているのです。

 

 

悪い従業員のレッテルが貼られていた友人も

ビジネスマナーのアドバイスで働きぶりがよくなりました!


ろう者が就職しても人間関係の悪化や就業態度の悪さによって、すぐに退職してしまうケースが非常に多く見られます。そして態度の悪い従業員のレッテルが貼られ、ろう者全体が敬遠されるという悪循環に陥っています。しかし実際には、健聴者が知っているマナーをろう者が知らないだけ、という場合がほとんどであることに気が付きました。

 

実は、今回一緒にビジネスマナー講座を行っていくタイ人ろう者夫婦も出会った時はマナーについて全然分かっていませんでした。以前は平気でサボったり、仕事中にスマホで遊んだりしており、雇い主とはいつも険悪な雰囲気。

 

しかしきちんと「就業時間が終わったら、雇い主に挨拶をしてから帰ること」「ろう者にとって健常者以上にライフラインであるスマホだけど、休み時間にやること」を私が指導すると、その後の雇い主との関係は良好になったそうで嬉しかったです。

 

 

一緒ビジネスマナー講座を運営していく、タイ人ろう者のピッタマートです。
いたずら好きなおちゃめな人です。

 

左は私の奥さん。私の影響で、タイ語手話を取得!ものすごいスピードでマスターして驚きました!
右はピッタマートの奥さん。生まれながらのろう者で、音を聞いたことがありません。

 

運営は、この4人で行っていく予定です。ピッタマートと奥さんも、同じ耳の聞こえない人たちを助けることができるということでやる気満々です!

 

一人一人がきちんとしたマナーを身につける、

それがろう者の雇用機会が広がる未来につながる

 

ろう学校の卒業を控えた子どもたちと大人のろう者を対象としたビジネスマナー講座を開設します。マナーを教えるビデオを作成し、ろう学校での上映、またマナー教室での上映・実演などを行っていく予定です。一度の教育だけでなくその後のフォロー、マナー上達状況などをみて、ろう者であっても信頼できる大人であることを評価する制度を作りたいです!

 

また、雇用者側の偏見や誤解を取り除く活動も平行して行っていく必要があると感じています。なので、ろう者は筆談ができるといった誤解や、ろう者は皆きちんと働かないといった偏見を取り除き、教えればきちんとできること、ろう者の世界がどうなっているのかの説明を丁寧に行っていきたいです。

 

弱い立場にあるタイ人ろう者が安定した仕事を得、自立した生活を営むことができるようになることを目指しています。雇用者との関係を改善することによって、ろう者は働かない、ろう者は悪いことをする、という偏見を取り除きます。そのことにより、ろう者の雇用機会を広げ、更にたくさんのろう者の生活が安定すると信じています!

 

ろう者の友人たちと食事会を行った時の様子です。みんなとっても元気です!

 

運営場所

 

◆タイ国コンケン市
38/40 Moo17 Soi Mittraphap 1 Tanon Mittraphap T.Naimuang A.Muang J.Khonkaen 40000

 

使途内訳

 

◆財団立ち上げ費用200,000バーツ(現在レートで64万円)

そのうちの一部として使用させていただきます。

 

リターンについて

 

◆サンクスメール

 

◆活動報告

2回の配信を予定しています!

・1回目:2016年9月→財団立ち上げ時の報告

・2回目:2017年春頃→ビジネスマナー講座運営の様子

 

◆タイの厳選お菓子詰め合わせ

・タイに行った気分になれるお菓子セットです!

 

◆ナッツバター

・アーモンドなど数種類のナッツだけを使った甘くないバターです

・天然の風味がくせになります!

 

◆スパセット(中身は、金額ごとに異なります!)

・石鹸、クリーム、ハーバルボール、アロマオイル

 

皆様の温かいご支援、お待ちしております!

 

 

 

 


最新の新着情報