- - - - - - - - -

前編:https://readyfor.jp/projects/ironislandfes2018/announcements/85648

- - - - - - - - -

 

食べられなくなったら、俺んとこ来い! 

 

ー前に須田さんが、アーティストに「食うのに困ったら俺んとこ来い!」って仰っていて。すごいかっこいいなぁ!と思いました。 

須田)みんな手先は器用なんだからさ、ものは作れるんだから。来てる連中(アーティストの人)も意外にみんなきっちりしてる人は多いけどな。ちゃんとそれなりに、自分で自分のことを出来る奴が多い。でもやっぱり、飯は食えないよな!貯蓄も難しいだろうし。 

 

京浜島猫. 島には居着きの猫が多い. 須田鉄工所には職人の数より猫のほうが多いらしい. 

 

ーけど、お金を貯めて、海外で活動されているアーティストも多いです。

須田)そうね!BIEN君(※)なんか、大したもんだよね!この前のバーゼル(※)でも、作品よく売れたよな!ここから、6点送ったんだっけ? 板を床においてさ、タール垂らしたでかい作品もすぐ売れたっていうんだから。 

 

ーアーティストの作品もよくご存知なんですね。 

須田)まぁ毎日見てますし、その板なんかは元々ここのですからね。 

 

ーえ!作品の素材も須田さんが提供されたりするんですか?  

須田)そう。大きいベニヤ板みたいなのをね。ちょうど良いのがあったみたいで。 

BIEN君なんかは、コンパネに色々貼って削っていく作風だからさ、下地として変わったものが欲しい、って向こうから言ってきてくれて。で素材渡して、こっち(工場側)の部屋で乾燥させてあげて。 

 

ー手伝ってあげてるじゃないですか!  

須田)ここに居る分にはね。わざわざ作品を観に行ったりは中々出来ないけどなぁ。 

 

ーアーティストたちは、須田さんに支えられていますね。 

 

参加した人がみんな「やって良かった!」と思えるフェスに。 

 

ーそれでは最後に、今年の『鉄工島FES』に向けた想いや、何かメッセージをお願いします。  

須田)そうですね。初めはね、「何か形に残せたら」って想いだったけど、今年は「去年より...」に尽きるな! 

 

ー去年より、人も多く?  

須田)そうねぇ、まぁ人は結果なものだからさ。それよりも関わった人、参加した人がみんな「去年より良かったな」って思ってくれたら良いことだと思うよ。それは「人が2倍来たから」とか、そういう問題じゃないと思うんだよな。今回は特に、関わり合う工場も、既に何個か出てきてるんだよね? 

 

須田鉄工所が製造している工業用貯水タンク. 潜水艦のよう.

 

 

ーはい。ステージやアートの展示会場となる工場も増え、京浜島を回遊し、楽しめるような内容になっているようです。  

須田)広がっちゃってるからね。個人的には「大変だろうなぁ」って思ったりもしているけど(笑) 去年なんか、スタッフの人たちは毎日毎日大変だったんだから。 

 

 

須田さんと須田鉄工所の長老猫・チョロ 

 

 

(※)BIEN:アーティスト。SIDE COREにも参加している。 

(※)2018年6月にスイスで行われた世界最大級のアートフェア「アート・バーゼル2018」 

 

テキスト:多田愛美 

写真:花坊 

 

須田さんを筆頭に、今年の鉄工島FESを一緒につくりあげる”クルー”になっていただけるリターンも絶賛募集中です!興味がある方はお気軽にご連絡ください!

 

■クラウドファンディングに関するお問い合わせ

Readyfor事務局(支援に関するお問い合わせ)
MAIL:info@readyfor.jp

鉄工島FES事務局(リターン内容/プロジェクトに関するお問い合わせ)
MAIL:info@tekkojima.com

 

=======

【STAFF参加】『鉄クルー』メンバー として、鉄工島FESをともにつくろう

鉄工島CREW(略して『鉄クルー』)なる、鉄工島を愛してくださるボランティアを募集します。

 

◉ 決起会BBQご招待
鉄工島(京浜島)にて開催される決起会バーベキューにご招待いたします。10月中旬開催予定。(食事代+1ドリンク代が上記料金に含まれます。)

◉ 事前ロケハン & ミーティングへの参加
事前に実施される鉄工島(京浜島)ロケハンや、オープンミーティングへご参加頂きます。

◉ クルーメンバー登録
事務局よりクルーに向けた連絡をさせていただきます。設営(11月3日)や開催日(11月4日)のサポートに一緒にご参加ください。

◉ スタッフユニホーム
本番日に着用いただくスタッフユニホームを差し上げます。

◉ ご招待チケット <2枚>

◉ お礼のメール