こんにちは!FUKUSHIMAいのちの水スタッフの平栗です。

皆様のあたたかいご支援に支えられ、励まされ、プロジェクト達成に向け進んでいます。ありがとうございます!

 

第3回目のメッセージリレーは、いのちの水活動当初から支えて下さっております、『NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク代表の鈴木真理さん』です!

パワフルであたたかい人柄に、皆魅了されてしまう素敵な方です。

 

MESSAGE RERAY #3

 

私たち「はっぴーあいらんど☆ネットワーク」は、原発事故をきっかけに行動をともにするようになった仲間で結成したNPO団体です。

原発事故が起きたことによって問題は多岐にわたり複雑化しています。

多くの人々は事故が起きたことで健康について不安を抱いていますが、経済復興の流れに押され殆どの人は風評被害に繋がるからと不安を言葉することは出来ず胸の奥へと封印されていきました。

 

いのちの水で、お母さん方に水を配る真理さん。活動当初から、配布活動を支えて下さっております。

 

そんな状況の中、具体的に行動を起こし命を守るためと動いていったのが「いのちの水」です。

 

様々な情報が流れ人々は翻弄されていきますが守るべきものをしっかり見据え揺るがない精神でやり続ける姿に私たちは共感を覚え協力を申し出ました。

何ができるか分からないが、とにかくどんな形でもこの活動を止めることの無いように願いました。

 

真理さんとはっぴーあいらんど☆ネットワークの皆さん&いのちの水スタッフ

 

私たちができることは配布のボランティア程度かもしれませんが意識を保ち続けることの大切さを学ばせて頂いています。

活動を途絶えることなく続けることは世界中へ福島の現状を伝えることにもなり命の大切さを伝えていく事に繋がると信じています。

 

サンタハウスクリスマス会の手伝いに来て下さった、真理さんとはっぴーあいらんど☆ネットワークの青年達。

 

今回、シリア難民への支援を行うことは福島の現状と同じで子供たちが生きる権利を大人たちの理由で奪うことがあってはいけないと訴えていけると思っています。

様々な環境の中で生まれたとしても子供たちは幸せに生きていく権利を持っています。

今回のプロジェクトのメッセージを世界中へ伝えたいと思います。

 

福島からシリアへの支援

何を意味するのかメッセージを受け取って頂きたい・・心からそう願います。

 

        NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク 代表 鈴木真理

 

NPOはっぴーあいらんど☆ネットワークさんのホームページ、フェースブックは下記からご覧頂けます。

HP http://happy-island.moo.jp

FB 

 

 

 

 

 

真理さんと坪井

 

新着情報一覧へ