こんにちは!

気仙茶再生プロジェクトをご覧いただき、ありがとうございます。

また、開始から10日で、たくさんのご支援のお申し出をいただいています。

本当にありがとうございます!!!

 

気仙茶は茶摘み真っ盛り。こんなにお天気つづきの暑い茶摘み、私は初めてですが、茶摘みに集まっている地域内外の人々と一緒に、楽しく汗を流しています。

 

気仙茶には、長年お休みしていた茶の木を再び手入れした再生茶園があります。

この畑は、40年以上茶摘みをお休みしていて、竹藪になってしまいましたが、2年前、竹刈と剪定から始め、茶摘みができるようになりました。

大きな木だったので、あまり切り詰めずそのままにしたこと、や、斜面に生えていることから、脚立を使っての茶摘みになりました。

畑の斜面(畦畔。気仙では「ママ」と言います)に植えられている「畦畔茶園」が多いことは、気仙のお茶の一つの特長です。

脚立を使って茶摘みする畑は、陸前高田市でいくつかあります。

 

再生9年目の畑でも、元気な新芽が伸びていました!

気仙茶の会では、これからも、茶畑の再生に取り組みたいと思います。